« めいほうスキー場 第1ペアリフト | トップページ | 番外編:コクドの動向 »

2005.04.11

めいほうスキー場 第2ペアリフト

MEIHO02PL02

めいほうスキー場 第2ペアリフト
事業者名:めいほう高原開発(株)
スキー場名:めいほうスキー場
公式サイト:http://www.meihoski.co.jp/
所在地:岐阜県郡上市明宝奥住水沢上3447-1
キロ程:829m
高低差:185m
輸送能力:1200人/時
速度:2.0m/s
動力:電気 90kw
許可年月日:1989年7月24日
運輸開始年月日:1989年12月13日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2名
山麓:原動緊張(油圧)
山頂:終端
索道メーカー:安全索道

観察日:2005年1月23日

スキー場中腹の第3ゲレンデのリフト。第3ゲレンデは横幅があるので、ゲレンデ面積に比べ輸送力がまったく追いついていない印象があり、信州や中越 などのスキー場に比べると実にもったいなく見える。しかも、奥美濃エリアは、国内でも珍しいスキー場最盛期から来場者数をあまり減らしてないエリアなの で、週末ともなれば、それなりに並ばないとリフトに乗れないという懐かしい光景に出会える。もちろん昼食時のレストランも大混雑だ。ここもクワッドでも良 かったのでは思う。初期投資の圧縮を考えたのかもしれないが、第1/2ペアがクワッドならば、第2クワッドの混雑もかなりましになっていたと思われ来場者 の不満も減ったと思われるので残念だ。

ハードは、画像のように標準的な安全索道のペアリフトだ。

(2005年4月11日執筆)

« めいほうスキー場 第1ペアリフト | トップページ | 番外編:コクドの動向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めいほうスキー場 第2ペアリフト:

« めいほうスキー場 第1ペアリフト | トップページ | 番外編:コクドの動向 »