« めいほうスキー場 第2ペアリフト | トップページ | ウィングヒルズ白鳥リゾート シルバーラピド ~岐阜県初のゴンドラリフト »

2005.04.12

番外編:コクドの動向

今日は観察日記の番外編。

昨秋以来、スキーヤーや索道ファンの関心を集めていたのは、コクド系スキー場の行方だろう。一部のマスコミで、存続するのは苗場・軽井沢・箱根に絞るというような情報も流されたため、スキー場関係の掲示板では「ここも今シーズン限り」のような早とちりした書き込みもあった。

とにかく、動向を気にしている人は多いし、私も同じだ。

さて、3月29日に各マスコミで一斉に、西武グループ経営改革委員会が売却・撤退を検討している施設が個別の名称を上げて報じられた。ただ、全国の施設名を一覧で載せた記事は少なく、地元関係しか知る事が出来ず気をもんでる人も多いと思う。秋田魁新聞が全国の一覧を報じていたので、その中から索道を保有する施設を抜き出してみた。

札幌北広島プリンスホテルファミリースキー場
糠平温泉スキー場
深川スキー場
津別スキー場
雫石スキー場
千畑スキー場
阿仁スキー場
森吉スキー場
湯沢中里スキー場
土樽スキー場
小千谷山本山高原スキー場
燕温泉スキー場
ごりん高原スキー場
表万座スキー場
日光菖蒲ケ浜スキー場
伊吹山スキー場

コクドの公式サイトにあるスキー場一覧から、上記を抜くと以下の18箇所。これが今のところ存続が予定される設備となるはずだ。

函館七飯スキー場
ニセコ東山スキー場
真駒内スキー場
富良野スキー場
鯵ヶ沢スキー場
苗場スキー場
三国スキー場
田代・かぐら・みつまたスキー場
六日町八海山スキー場
水上高原スキー場
狭山スキー場
万座温泉スキー場
軽井沢プリンスホテルスキー場
志賀高原焼額山スキー場
妙高杉ノ原スキー場
箱館山スキー場
国境スキー場
福井和泉スキー場

北海道の内、富良野・ニセコは大丈夫だと思っていたが、正直、函館七飯と真駒内は危ないかもと思っていたので意外だった。1月頃の北海道新聞で「七飯の地元では、大沼プリンスと函館七飯は採算が取れていると聞いているので不安はない」と報じられていたのだが、これが正しかったという事か。

東北では、雫石が撤退の対象で鯵ヶ沢が残ったのが意外。黒字の施設でも目標とする資産売却を進めるために撤退検討の対象とするという報道だったが、これに該当するのだろう。

関東甲信越では、水上高原が残りながら湯沢中里が撤退候補というのが意外。ここも雫石と同類だろう。土樽は本来ならばかなり前に消えていたはずで、ここまで残った事が奇跡的なので当然の結論だろう。燕温泉もバブル前に消えるはずが、コクドに泣きついて残ったスキー場だ。コクドが引き受ける際、道路の通年通行化を条件としたため、除雪されるようになったが、コクド撤退後はどうなるのだろう? スキー場は廃止、道路の除雪は中止では温泉存続の危機かも。以前のように雪上車で送迎も面白いとは思うのだが。

ごりん高原は、焼額山開発に対する共益会への見返りだったはずだが、焼額山に影響なく廃止をのむのだろうか? あの駐車場キャパではどう考えても採算は合うわけはなく、今後が気になる。

伊吹山は、近江鉄道なので西武グループ経営改革委員会とは無関係だと思っていたので、ここで名前が出たのは意外だった。

以上の候補が全て閉鎖となった場合、普通索道は9本の減少となり、交走式最長の湯田中ロープウェイー、特殊索道最長も森吉第1高速が消える事になる。

とにかく気になるコクドの動向だ。

(2005年4月12日執筆)

« めいほうスキー場 第2ペアリフト | トップページ | ウィングヒルズ白鳥リゾート シルバーラピド ~岐阜県初のゴンドラリフト »

コメント

6月8日付京都新聞/同9日付中日新聞によれば、近江鉄道から米原市に大して2005年秋に伊吹山から撤退する旨が正式に伝えられたようです。ただし、米原市としては対応を検討したいという意向の表明がなされてます。また近江鉄道のサイトでは、撤退・営業廃止などの案内はまだなされていません。近江鉄道の撤退はあっても、部分的にしろ残るかもしれません。

北海道新聞8月2日付けによれば、コクド北海道総支配人は深川市長に2005/2006シーズンの深川スキー場営業を伝えたそうです。ただしその後は未定だとか。

秋田魁新報8月11日付記事によれば、森吉スキー場/阿仁スキー場について、前者は営業継続、後者はグリーンシーズンと樹氷シーズンのみの営業となる見込みだそうです。阿仁の樹氷シーズンの営業と言ってもスキーコースの営業を行うかどうか明記されておらず、スキー営業はしないと予想しているのですが、果たしてどうなる事か。

投稿: こぶ | 2005.08.19 14:16

「Yahoo!ニュース」掲載の8月24日付共同通信記事によれば、コクドは湯沢町に土樽スキー場の今シーズンの休止を伝えた事が明らかになったそうです。
記事では「西武グループのスキー場の閉鎖、休止決定は、滋賀県米原市の伊吹山スキー場に続き2施設目となる」とありますので、まだ今シーズンの営業がどうなるか不明のスキー場もあるみたいですね。

投稿: こぶ | 2005.09.15 13:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編:コクドの動向:

» 番外編:続・コクドの動向 [索道観察日記]
本日は観察日記の番外編。 コクドが事業を大幅に整理するという報道が流れて以来、コ [続きを読む]

受信: 2005.09.19 00:18

« めいほうスキー場 第2ペアリフト | トップページ | ウィングヒルズ白鳥リゾート シルバーラピド ~岐阜県初のゴンドラリフト »