« 箱館山ゴンドラ ~安索の牙城にある日ケーのゴンドラ | トップページ | 箱館山スキー場 箱館山第2ロマンスリフトA・B線/第2リフトD線 »

2005.05.19

箱館山スキー場 箱館山第1リフトA・B・C・D線

HAKODATE01ABCDSL01

箱館山第1リフトA・B線
事業者名:近江鉄道
スキー場名:箱館山スキー場
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/ski/hakodateyama/index.html
所在地:滋賀県高島郡今津町日置前
キロ程:189m(199m?)
支柱基数:5基
高低差:64m
輸送能力:不明
速度:不明
動力:電気
許可年月日:1982年10月7日
運輸開始年月日:1983年1月12日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1名
山麓:原動
山頂:重錘緊張
索道メーカー:太平索道


箱館山第1リフトC・D線
事業者名:近江鉄道
スキー場名:箱館山スキー場
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/ski/hakodateyama/index.html
所在地:滋賀県高島郡今津町日置前
キロ程:200m
支柱基数:5基
高低差:66m
輸送能力:不明
速度:不明
動力:電気
許可年月日:1961年10月30日
運輸開始年月日:1962年1月17日
建設年:1984年
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1名
山麓:原動
山頂:重錘緊張
索道メーカー:安全索道

観察日:2005年2月15日

HAKODATE01ABCDSL02

箱館山のメインゲレンデは横長の短い斜面で、ゴンドラ山頂駅はその斜面の山に向かって左端に位置する。この斜面には4群のリフトが架設されており、ゴンドラから遠い順にスラローム第1リフト・第1リフト・第2リフト・第3リフトと命名されているが、鉄道要覧記載の正式名称と営業上の名称が必ずしも一致しておらず筆者の推定で結び付けているので不正確な記述があるかもしれないが、その点はご容赦願いたい。

HAKODATE01ASL01

さて、第1リフトA・B線は太平索道製のシングルパラレルリフトで、原動装置には架設時に設置されたと思われる銘板がある。索道要覧によると189mとなっているが、スキー場ガイドでは199mとなっており、現物の観察結果でもC・D線と10m違うとは思えず、索道要覧の記載ミスの可能性が高い。

HAKODATE01DSL01

第1リフトC・D線は、許可年月日から推察するとスキー場開設時からあるリフトの許可を引き継いでいると思われるが、名称は異なっていたものと思われる。しかし、スキー場開設時に完全な平行線を架けたとは思えず、疑問が残る。なお、現物は架け替えられており、1984年建設の銘板がある。

シングルパラレルの平行線はけっこう珍しいのではないだろうか? なお、A・B線は搬器が取り付けられておらず、このシーズンは営業されいなかったと思われ、特にB線はスキー場ガイドからも削除されている。

執筆日:2005年5月19日

HAKODATEYAMATICKET

これが当日使用したリフト券。細かい模様の地紋がある用紙。

11月27日追加

« 箱館山ゴンドラ ~安索の牙城にある日ケーのゴンドラ | トップページ | 箱館山スキー場 箱館山第2ロマンスリフトA・B線/第2リフトD線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱館山スキー場 箱館山第1リフトA・B・C・D線:

« 箱館山ゴンドラ ~安索の牙城にある日ケーのゴンドラ | トップページ | 箱館山スキー場 箱館山第2ロマンスリフトA・B線/第2リフトD線 »