« ニセコ東山 東山第1ロマンスリフト | トップページ | ニセコ東山 ダウンヒル第2ロマンスリフト »

2005.06.16

ニセコ東山 ダウンヒル第1リフトA・B線 ~復活はあるか?

HIGASHIYAMADAWNHILL01SL01

ニセコ東山 ダウンヒル第1リフトA・B線
事業者名:コクド
スキー場名:ニセコ東山
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/ski/niseko/
所在地: 北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
キロ程:913m
支柱基数:不明
高低差:不明
輸送能力:不明
搬器台数:不明
速度:不明
動力:電気
許可年月日:1984年9月28日
運輸開始年月日:1984年12月16日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1人
山麓:原動緊張
山頂:終端
索道メーカー:太平索道

観察日:2005年3月21日

訪問時には搬器未取付で休止しており、『平成16年度 鉄道要覧』でも「休止中」となっている。スキー場ガイドでもしばらく前より、未掲載となっているので、よほど状況に変化がない限り復活はないと思われる。

扇状に拡がる本スキー場の山麓部で最も西寄にあるリフトで、山麓には日帰り客用の駐車場があるが、この駐車場も事実上使われていないようだ。すでにペアリフトが架設されていながらシングルパラレルになった理由は不明だが、架設位置より、混む時間帯は限られているので、ピークが過ぎたら片線を停めるような運用を考えていたのかもしれない。

上述のような理由で山麓部を確認していないので、山麓の機械の形式は不明だが、山頂停留場が終端停留場なので、山麓は原動緊張方式だと思われる。太平索道製パラレルリフト特有の独特のスタイル(筆者は鉄人28号を連想するのが皆さんはどうだろう)のアームもメッキ仕上げで、現在でも通用するスタイルだ。

執筆日:2005年6月16日

« ニセコ東山 東山第1ロマンスリフト | トップページ | ニセコ東山 ダウンヒル第2ロマンスリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセコ東山 ダウンヒル第1リフトA・B線 ~復活はあるか?:

« ニセコ東山 東山第1ロマンスリフト | トップページ | ニセコ東山 ダウンヒル第2ロマンスリフト »