« グラン・ヒラフ アルペン第3リフトA線 | トップページ | グラン・ヒラフ キング第1リフトA・B線 »

2005.06.05

グラン・ヒラフ エース第4ペアリフト

HIRAFUACE04PL01

グラン・ヒラフ エース第4ペアリフト
事業者名:ニセコ高原観光
スキー場名:ニセコ グラン・ヒラフ
公式サイト:http://www.grand-hirafu.jp/index.html
所在地: 北海道虻田郡倶知安町字山田204
キロ程:722m
支柱基数:11基
高低差:211m
輸送能力:1200人/時
搬器台数:不明
速度:2.3m/s
動力:電気
許可年月日:1984年5月26日
運輸開始年月日:1984年12月8日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張(油圧)
山頂:終端
索道メーカー:安全索道

観察日:2005年3月21日

サンモリッツリフトが建設した旧「アルペン第4リフト」。安全索道製の標準的なペアリフトだが、通常は半透明なアクリル製で無塗装であるカマボコ形の機械カバーが白色に塗装されていた。アクリル以外の素材のカバーに交換されているのかもしれない。支柱の作業アームがメッキ仕様でないのは、自然公園の規制かこの建設年次ではメッキがまだ一般的でなかったのか研究不足でわからないというのは第3ペアと同じ。

1000m台地より上の森林限界を超えた山頂エリアにあるリフトで、ニセコ東山やに滑り込むには便利なはずだが、訪問時には強風で運休中であり、筆者は東山に移動するのに1000m台地を歩いて移動する羽目になった。この位置からプリンスゴンドラ山頂駅まではほぼフラットなので、それほど苦痛ではなかったがやはり滑り込みたかった。

執筆日:2005年6月5日

« グラン・ヒラフ アルペン第3リフトA線 | トップページ | グラン・ヒラフ キング第1リフトA・B線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラン・ヒラフ エース第4ペアリフト:

« グラン・ヒラフ アルペン第3リフトA線 | トップページ | グラン・ヒラフ キング第1リフトA・B線 »