« ウィンザースノービレッジ レイクキャビン ~バブル時代の残滓か? | トップページ | 姫路セントラルパーク スカイサファリ ~国内唯一?の動物見学用ゴンドラ »

2005.06.26

ウィンザースノービレッジ レイク1リフト

TOYALAKE1PL01

ウィンザースノービレッジ レイク1リフト
事業者名:ザ・ウィンザー・ホテルズ・インターナショナル
スキー場名:ウィンザースノービレッジ
公式サイト:http://www.windsor-hotels.co.jp/index.html
所在地:北海道虻田郡虻田町字清水
キロ程:713m
支柱基数:不明
高低差:不明
輸送能力:不明
搬器台数:不明
速度:不明
動力:電気
許可年月日:1991年8月6日
運輸開始年月日:1993年1月15日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:不明
山頂:不明
索道メーカー:安全索道

観察日:2005年3月22日

1998年3月にスノーパーク洞爺が閉鎖されて以来休止中。一応、現事業者に許可は継承されており、施設も残っている。

本スキー場は、レイクキャビンで触れたように、噴火湾サイドと洞爺湖サイドに分かれており、それぞれ「マリン○」「レイク○」という名称のリフトが各3本ある。画像のリフトがレイク1リフトと思われるが、正直、確証はない。

スキー場の再開以来、「マリン2」「マリン3」が再開されているが、宿泊者専用となっているようだ。地図で見ると「マリン1」と思われるリフトの山麓までは道路があるようだが、現状は未確認。また、これらしきリフト設備が残っているのは国道230号線から遠望できる。

2006シーズンの「JTB北海道ツアー」のパンフにスキー場マップを発見した。これによればマリン2と思われるリフトは中間停留場があり、営業を行っているのは中間停留場よりも上のようにも見える。ますます現地を見たいが、なにぶん豪華さを売りにするホテル。1名宿泊のツアーもあるが、関西発では最安値でも2泊3日で10万円を越える。年末ジャンボが当たらない限り無理だ。(追記)

ま、こういう状況なので、「観察」したと言えるのはこのリフトのみなので、他のリフトの執筆はまたの機会とする。

執筆日:2005年6月26日(12月10日追記)

« ウィンザースノービレッジ レイクキャビン ~バブル時代の残滓か? | トップページ | 姫路セントラルパーク スカイサファリ ~国内唯一?の動物見学用ゴンドラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンザースノービレッジ レイク1リフト:

« ウィンザースノービレッジ レイクキャビン ~バブル時代の残滓か? | トップページ | 姫路セントラルパーク スカイサファリ ~国内唯一?の動物見学用ゴンドラ »