« 有珠山ロープウェイ ~昭和新山をバックに有珠山山腹に | トップページ | 手稲山ロープウェイ ~札幌オリンピックの生き証人 »

2005.07.05

テイネエイトゴンドラ ~スキー場用では国内最新

TEINEGL01

テイネエイトゴンドラ
事業者名:加森観光株式会社
スキー場名:札幌テイネ
公式サイト:http://www.sapporo-teine.com/
所在地:北海道札幌市手稲区手稲本町593
キロ程:1437m
支柱基数:不明
高低差:154m
輸送能力:1200人/時
搬器台数:不明
速度:6.0m/s
回転方向:反時計
動力:電気 310kw
許可年月日:不明
運輸開始年月日:2004年12月22日(一般営業は23日)
種別:普通索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:8人
山麓:原動
山頂:緊張(油圧) 車庫線
索道メーカー:日本ケーブル
搬器メーカー:CWA

観察日:2005年3月25日

以前は違う資本系列下だったテイネハイランドとテイネオリンピアを結ぶリフト。双方とも、加森観光に買収され札幌テイネハイランドエリア・同オリンピアエリアとなった。この2つのスキー場は至近距離にありながら別個のゲレンデであったが、加森傘下になったことで連絡される事になった。当初、新聞で報じられた構想では、車道をスキーコースに転用となっていたが、駐車場能力の問題やゴンドラが運休した時の対応を考えてか、車道を残してスキーコースを新設しており、車でダイレクトにハイランドエリアへアクセスできるようになっている。8人乗りにも関わらず輸送能力を1200人/時に押さえているのは、計画の途中で輸送能力を変更したのかもしれない。

TEINEGL02

訪問時はこの画像のように強風のためにゴンドラの運行は止まってしまい、代行のシャトルバスが出ていたので、車道を残したのは正解だろう。なお、連絡コースは非常に斜度が緩く、スキーヤーでも苦労するぐらいなのでボーダーは下りでもゴンドラに乗ったほうが楽かもしれない。

山麓・山頂停留場共に本体は機械カバー方式で、遠目にはデタッチャブルリフトの停留場のように見える。特に山麓は、ゲレンデの中を少し上がった位置にあるのでなおさらだ。山麓駅に併設して車庫線がある。

TEINEGL03

山頂駅は、スキー場と同時期に札幌市公園緑化協会から移管された手稲山ロープウェイ山麓駅に隣接している。画像でも左側にホーム部分の屋根が見えている。

TEINEGL04

山麓駅の位置が、テイネオリンピアの駐車場やレストランの位置関係を考えると中途半端な位置に思えるが、肉眼で見る限りはテイネ山頂が延長線上にあるよう に思える。手稲山ロープウェイもそれに平行する北かべリフトもそろそろ更新の時期であるのは間違いないので、双方を合わせてエイトゴンドラの延長線でリプ レースをする構想があるのではないかと思えるが、これは筆者の勝手な妄想だ。

TEINEGL05

搬器は日本ケーブル製標準のCWA搬器で、向い合せに着席するオメガIII-LWI。窓面積が非常に広く、開放感がある。

TEINEGL06

6.0m/sという速度は、単線自動循環式では国内最速で苗場田代ゴンドラ(ドラゴンドラ)に次ぐ国内第2号。ただ、この距離では真価を発揮していないような気がする。

なお、グリーンシーズンは遊園地施設の一部として開園日に運行され、入場券で乗り放題となる。

TEINETICKET

こちらは訪問日に使った4時間券。

TEINEHIGHTICKET

こちらは1998年2月に訪問した時のテイネハイランドのリフト券。「JRスキップ」とはJR北海道の発売するJR乗車券とリフト券のパック商品名。
ホワイトピアたかすの93年のリフト券と同様に4色のカラーバーの一部を塗りつぶしてある。これにどういう意味があるのか不明。(旧リフト券11月27日追加)
http://cable.cocolog-nifty.com/sakudo/2005/03/post.html

執筆日:2005年7月5日(7月6日加筆)


« 有珠山ロープウェイ ~昭和新山をバックに有珠山山腹に | トップページ | 手稲山ロープウェイ ~札幌オリンピックの生き証人 »

コメント

おぉ、春滑り券ですか。北海道は3月末でも雪質が良いのでしょうね。
遠征してもせいぜい白馬止まりの私は、3月末ぐらいになってくると、「前すすまねー」とか「べちゃべちゃは嫌だべ」となり滑走意欲が減退するのですが・・・。
この冬、友人達と北海道に滑りに行く予定です。
今まで、北海道で滑ったことがないので、もしお勧めのゲレンデがありましたら教えてください。

投稿: CSSSB | 2005.07.08 12:34

今年の3月は、寒気が何度も来たのでかなり良かったですが、例年だと北海道でも思うほど良くないみたいです。今年でも前々日の函館七飯なんて、3月の白馬並みでしたし、さらにその全日のニセコも山麓の方は大して良い雪質でなかったです。同時期の志賀高原の方が良いかも。さすがに1000m台地まで上がれば良かったですが、風が強くてリフトがほとんど動いておらず、面白くなかったです。

さて、私も北海道のスキー場にそれほど多く行ったわけではないのですが、ニセコは風さえ吹かなければ面白いでしょうね。トマムは雪はいいのですが、山麓の緩斜面が長すぎてボーダーの人は苦労してました。ツインタワーの裏のゲレンデの方が面白いのですが、ここまでの移動が平坦地なのでまた大変。キロロが全体的に緩斜面が多いのですが、施設も綺麗だし雪も良いし、リゾート感があって好きですね。ただ、直営のホテルに泊まらないと遠いですけど。

投稿: こぶ | 2005.07.08 17:24

今年は当たり年でしたね。私は板を早く仕舞い過ぎたと後悔していました。
それでも例年は、3月には北海道も雪質が悪くなるのですね。総合点を付けるとなるとニセコが上位にくるのでしょうか…。
北海道初滑りなので、大雪山旭岳スキー場とか少しマニアック?なスキー場より全員が楽しめるスキー場になりそうです。やはり風が吹かないのを祈ってニセコかなぁ…。
こればかりは、決めるのが難しいです。
しかしニセコやトマムやキロロと名前を聞くだけでワクワクしてきます。
トマムも夏場に切符収集の為に立ち寄ったJRトマム駅から眺めただけです。悲しい。
ツインタワーの裏のゲレンデの方となるとフリーウェイかムーンシャインコースですね。
只今、トマムのゲレンデマップを見て欲求不満状態です。

投稿: CSSSB | 2005.07.08 18:52

トマム:ツインタワーの裏のゲレンデには園内のシャトルバスに乗ればすぐですよぉ。あの有名な幅のひろいやつです。シャトルバスは乗り放題で(あれ?宿泊者だけかなぁ?)でもチェックがあるわけではないし、スキーヤーのかっこして乗ってればマウマンタイです。なおそこから奥のガレリアタワー(全館スイート)には専用の連絡バスが走っていてそちらはなんか乗るのに近寄りがたい雰囲気でした(気がするだけかな、貧乏人だしw)。

投稿: &h3f3f | 2005.07.08 22:06

>CSSSBさん
トマムはおっしゃる通りのコースです。第2ペア沿いとかも悪くないですけど、いかんせんリフトが遅い。トマムは寒いですよ。ほんまもんのアスピリンスノー(死語)! 私は正月明けの週末に行きましたが、日中でも呼吸をするたびに鼻毛が凍るのが判りました。マクドナルドでのバイト経験から判断するに、マイナス15度ぐらいだとこういう感じになります。
滑り重視ならニセコですが、風が強い事が多いのが玉に瑕ですね。

>&h3f3fさん
シャトルバスに乗れば良いのは歩いて行ってから気がつきました。第9クワッドが動いていればそれほどたくさん歩かなくて良いのですけどね。私が行った時は、第9クワッドはタワーの宿泊者がセンターから戻るために夕方のみの運転で、それに乗りたい私は必然的に帰りも歩きでした。ま、帰りは第5ペアから滑り込めるので大して歩かないで済みますけど。

投稿: こぶ | 2005.07.08 22:37

「アスピリンスノー」・・・防寒対策、バンダナで誤魔化すことも出来なさそうですね。かなり昔の2月頃、和寒街内で地吹雪で遭難しそうになりました。
丁度、この冬の予定がこぶさんと同じく正月明け。少し鬱です。友人たちにも防寒対策をしっかりするように言っておきます。
話は変わりますが先月、駒ケ岳ロープウェイと8月末で廃止になる箱根は駒ケ岳ケーブルを乗り納めしてきました。
索道素人の私でもCWA社製搬器は独特な雰囲気を感じますね。

投稿: CSSSB | 2005.07.09 00:50

雪質と気温は相関関係にありますから、しっかりした防寒対策をして、良質の雪を楽しんでくださいね。風があるとバンダナでは確かに辛いかもしれませんね。顔はともかくとして、耳の防寒対策は忘れないで下さい。

私はCWA信奉者ですが、たまには違うメーカーの搬器にも乗りたいです。湯田中ロープウェーのようにCWAもどきは興味津々ですが、メーカースプレートが無いケースもあって消化不良です。

投稿: こぶ | 2005.07.09 02:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83381/4786025

この記事へのトラックバック一覧です: テイネエイトゴンドラ ~スキー場用では国内最新:

« 有珠山ロープウェイ ~昭和新山をバックに有珠山山腹に | トップページ | 手稲山ロープウェイ ~札幌オリンピックの生き証人 »