« 南平第5ペアリフト | トップページ | 矢島第2ロマンスリフト »

2005.08.13

矢島第1ロマンスリフト

YAJIMA01PL01

矢島第1ロマンスリフト
事業者名:矢島町
スキー場名:鳥海高原矢島スキー場
公式サイト:http://www.town.yashima.akita.jp/syoukou/ski/newski/newski1.htm
所在地:秋田県由利郡矢島町荒沢字長保田6
キロ程:607m
支柱基数:不明
高低差:不明
輸送能力:不明
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:不明
動力:電気
許可年月日:1984年5月12日
運輸開始年月日:1984年12月16日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張(油圧)
山頂:終端
索道メーカー:東京索道

観察日:2005年5月4日

5月ともなれば、秋田県鳥海山麓といえどもシーズンオフ。公式サイトによれば2004/2005シーズンは3月28日までの営業だったとのこと。むろんスキー場目当てでここまで来たわけではなく、象潟から由利高原鉄道に抜ける途中に近くを通ったので立ち寄った。

2本並ぶリフトの手前側、赤い方が第1ロマンスリフト。東京索道独特の支柱作業アームの形状から、赤鬼・青鬼を連想するのは、筆者ぐらいか(笑)

この東索の原動緊張装置は、遠目には日ケーの2コラム形原動緊張装置(標準機械カバータイプ)に似ているが、日ケーでは機械カバーが原動装置と共に動くのに対し、東索では機械カバーは固定されており、その内部で原動装置が動くようになっている点が異なり、その結果、東索のほうが機械カバーが長い。

YAJIMA01PL02

この通り、本スキー場はリフトが3本あるが、すべて同じ斜面に横に並ぶ形で架設されており、ゲレンデの奥行きはない。ただ、山麓から見た感じでは変化のある斜面で、半日程度なら十分楽しめそう。リフト券も安く、時間券も充実しているので、リーズナブルに楽しめそうだ。

執筆日:2005年8月13日


« 南平第5ペアリフト | トップページ | 矢島第2ロマンスリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83381/5443677

この記事へのトラックバック一覧です: 矢島第1ロマンスリフト:

« 南平第5ペアリフト | トップページ | 矢島第2ロマンスリフト »