« 松山城リフト | トップページ | 小代登行リフト »

2005.08.29

美方町ゴンドラリフト ~兵庫県内唯一のスキー場普通索道

MIKATAGL01

美方町ゴンドラリフト
事業者名:美方町
スキー場名:ニューおじろスキー場
公式サイト:http://www.ojiro.or.jp/index.html
所在地:兵庫県美方郡美方町大谷463
キロ程:2014m
支柱基数:不明
高低差:360m
最急勾配:不明
輸送能力:1440人/時
搬器台数:不明 PALACE8形
速度:不明
回転方向:時計
動力:電気
許可年月日:2001年10月19日
運輸開始年月日:2001年12月23日
種別:普通索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:8人
山麓:緊張 車庫線
山頂:原動(地下)
索道メーカー:安全索道
搬器メーカー:不明

観察日:2002年2月1日

従来の登行リフトに代わりニューおじろスキー場のアクセス手段として架設されたゴンドラ。兵庫県には登行リフトのあるスキー場は多いが、意外にも普通索道でアクセスするのはここだけ。スキー場内の普通索道も無く、積雪地を抱える県で普通索道が8本もありながらスキー場関連は1本だけというのは珍しい。

なお、下山用スキーコースは無いので、必ずゴンドラで往復の必要がある。

MIKATAGL02

登行リフト時代は、乗り場近くには狭い駐車場しかなかったが、ゴンドラ山麓駅はリフト山麓とはまったく違う場所に建設され、広い駐車場があるほか、すぐそばには日帰り温泉「温泉保養館おじろん」もある。

MIKATAGL03

これが、従来の登行リフト起点付近。ゴンドラは尾根越えをして、リフト起点付近を通り、交差しながらほぼ平行するようにスキー場に至る。このリフトは、2004年度時点では廃止されておらず『平成16年度 鉄道要覧』には記載されている。

MIKATAGL04

安全索道-POMAの搬器と言えば6人乗りでは背中合せに座るタイプが標準であったが、現在では向い合せタイプが標準で、8人乗りも向かい合わせになっている。

安索では、1989年「EXPO 海と島の博覧会」(1989年7月8日~10月29日)で初めて8人乗りゴンドラを架設しているが、この時の搬器を筆者は知らない。翌年の大阪花博のゴンドラは、安索・日ケーの共同企業体で運営され、機械は安索ながら搬器はCWAだったのだが、「EXPO 海と島の博覧会」でもCWAだったのだろうか?

閑話休題。実は、安索8人乗りゴンドラはこの「EXPO 海と島の博覧会」以来、初の架設がここになる。輸送力からすると8人乗りの必要はなさそうだが、将来の増強を考慮したのか、それともボードの持ち込みを考えて大きめにしたのか、搬器台数の減少でこちらの方がコストが安かったのか、総合的な判断があったのだろう。

執筆日:2005年8月29日

« 松山城リフト | トップページ | 小代登行リフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美方町ゴンドラリフト ~兵庫県内唯一のスキー場普通索道:

« 松山城リフト | トップページ | 小代登行リフト »