« 栂池ゴンドラ“イヴ” ~架設時国内最長普通索道 | トップページ | 栂池高原 つが第2ペアリフト »

2005.09.16

栂池高原 つが第1ペアリフト

TSUGA01PL01

つが第1ペアリフト
事業者名:栂池ゴンドラリフト株式会社
スキー場名:栂池高原
公式サイト:http://www.tokyu-hakuba.co.jp/
所在地:長野県北安曇郡小谷村栂池高原
キロ程:520m
支柱基数:10基
高低差:128m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:時計
動力:電気
許可年月日:1982年8月16日
運輸開始年月日:1982年12月15日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張(油圧)
山頂:終端
索道メーカー:安全索道
鋼索メーカー:不明
観察日:2002年1月26日/2006年4月17日


栂池高原スキー場のトップに位置する栂の森ゲレンデに架かるリフト。ゲレンデをはさんで左右に2本のペアリフトがあるが、山に向かって左側の本リフトは栂池ゴンドラリフト(株)の経営であるのに対し、右側のつが第2ペアリフトは同じ東急系ながら別会社の白馬観光開発(株)の経営となっている。

栂の森ゲレンデは標高が高いため、雪質が良く、シーズンも長い。幅があるので、斜度の割には難易度は低く、幅広い層が楽しめるゲレンデだ。

山麓停留場は、栂池ロープウェイ乗り場に隣接する位置にあり、ゴンドラ栂の森駅からは、つが第2ペアへの乗り継ぎのほうが楽だ。

執筆日:2005年9月16日

« 栂池ゴンドラ“イヴ” ~架設時国内最長普通索道 | トップページ | 栂池高原 つが第2ペアリフト »

コメント

第一と第二は経営が別々なのですね。初めて知りました。
しかし、栂池高原の中でも、さほど距離も無い栂の森ゲレンデで、2社のリフトが運行している理由には興味がありますね。
このリフトを使い、天狗平に向かうスキーヤー・ボーダーも多いですね。

私の場合は、栂池行ったのに結局は、栂の森ゲレンデで満足してしまい、他のコースをあまり滑らずに終わってしまいました。何の為に栂池に行ったやと・・・。ほんと、いいコースです。
因みにパークデビューはここでした。

投稿: CSSSB | 2005.09.16 23:01

第1と第2で事業者が違うのは、実は私もこの原稿を書いていて知りました。その経緯を知りたいですね。そもそも同じ東急系の事業者が栂池に2社入っているのが不思議ですよね。

ここから天狗平までハイクアップする人も多いのですか! 極楽スキーヤーである私には、真似できません。

おっしゃるようによいゲレンデですが、私の場合は「せっかく栂池まで来たのだから」と、ハンの木第2や白樺クワッドも行きました。根が貧乏性なもので、デタッチャブルのあるスキー場で、通常のペアリフトで滑っているのは、なにか損をしているような気がして・・

投稿: こぶ | 2005.09.17 04:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栂池高原 つが第1ペアリフト:

« 栂池ゴンドラ“イヴ” ~架設時国内最長普通索道 | トップページ | 栂池高原 つが第2ペアリフト »