« 栂池高原 ハンの木高速ペアリフト | トップページ | 栂池高原 鐘の鳴る丘スカイライナー1 »

2005.10.02

栂池高原 ハンの木第4リフト

HANNOKI4SL01

ハンの木第4リフト
事業者名:白馬観光開発株式会社
スキー場名:栂池高原
公式サイト:http://www.tokyu-hakuba.co.jp/
所在地:長野県北安曇郡小谷村栂池高原
キロ程:642m
支柱基数:不明
高低差:111m
最急勾配:不明
輸送能力:600人/時
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1980年7月14日
運輸開始年月日:1980年12月15日
種別:特殊索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:1人
山麓:原動
山頂:緊張
索道メーカー:不明
鋼索メーカー:不明

観察日:2002年1月28日

ハンの木コース最上部の緩斜面部分に架かるリフト。

ハンの木コースのリフトで、最後まで残ったシングルリフト。本リフト架設の8年後には、コースをはさんでほぼ平行にデタッチャブルペアであるハンの木高速ペアが架かっている。ハンの木コース全体で見ると、本リフトの5年後に第2リフトがペア化され(筆者の記憶が確かなら第1・3リフトのペア化も同時)、8年後には前述の高速ペア、そして10年後には第1・3がクワッド化されている。この時代のリフトの進化具合を体現化しているような機種の進化で、現在のハンの木の各リフトはリフト発達史のサンプルとも言えよう。

執筆日:2005年10月2日

« 栂池高原 ハンの木高速ペアリフト | トップページ | 栂池高原 鐘の鳴る丘スカイライナー1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栂池高原 ハンの木第4リフト:

« 栂池高原 ハンの木高速ペアリフト | トップページ | 栂池高原 鐘の鳴る丘スカイライナー1 »