« 栂池第1ペアリフト | トップページ | 栂池高原 しゃくなげリフト »

2005.10.30

栂池高原 ぶなリフト

Tugaikebuna02

ぶなリフト

事業者名:白馬観光開発株式会社
公式サイト:http://www.tokyu-hakuba.co.jp/
所在地:長野県北安曇郡小谷村栂池高原
キロ程:699m
支柱基数:不明
高低差:253m
最急勾配:不明
輸送能力:600人/時
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:不明
動力:電気
許可年月日:1964年9月21日
運輸開始年月日:1964年12月19日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1人
山麓:緊張
山頂:原動
索道メーカー:不明
鋼索メーカー:不明

観察日:2002年1月26日/2006年4月17日

栂池高原きっての最上級コース馬の背コースの下半分に架かるリフト。このコースは、狭く急斜面で圧雪が入らないので、コブだらけの難関コースになる。チャンピオンの上部が廃止された今、栂池唯一の上級者コースとも言える。筆者は中学か高校の時に、ここを降りたが、無数のキックターンと横滑りを繰り返した記憶しかない。

スノーボードでは、狭いコースは楽しくないのか、この手のコースは全国的に閉鎖される傾向があるので、残っているのは貴重だ。

新設の当初から設備更新を行なっていないとなると、東海道新幹線とほぼ同い年のリフトという事になる。見た目からは、それほど大きく手は入っていないように見えるが真相はどうだろうか?

執筆日:2005年10月30日
画像追加:2006年5月20日


« 栂池第1ペアリフト | トップページ | 栂池高原 しゃくなげリフト »

コメント

>スノーボードでは、狭いコースは楽しくないのか

結構、楽しいですよ。ただ、私はへばりました。結局、ボードでは日に何回も滑られないのかもしれません。

投稿: CSSSB | 2005.10.30 00:35

CSSSBさん、コメントありがとうございました。私はボードはやらないもので参考になりました。見ていると、ボーダーの方がスキーヤーよりもゲレンデを幅広く使って滑る人が多いので、狭い斜面は苦手なのかと思いました。

スキーとボードという特性よりも、全体的にスノースポーツ愛好者が減ったので、最上級者の絶対数が減ったという事なのでしょうね。

投稿: こぶ | 2005.10.30 11:19

こんにちは。いつも見ています。知識の多さに感動しました。
早速ですが…私もリフトが好きで調べているのですが、栂池高原スキー場のリフトで鐘の鳴丘第5ロマンスリフトか鐘の鳴丘第9リフトか鐘の鳴丘第10リフトかぶなリフトかしゃくなげリフトの写真を手に入れることができません。
持っていたら、頂けますか?よろしくお願いします。

投稿: まーちゃん | 2018.01.17 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83381/6548565

この記事へのトラックバック一覧です: 栂池高原 ぶなリフト:

« 栂池第1ペアリフト | トップページ | 栂池高原 しゃくなげリフト »