« みつまた高原第1高速リフト | トップページ | みつまた高原第3リフトA線 »

2005.11.26

みつまた高原第2高速リフト

MITSUMATA2DQ01

みつまた高原第2高速リフト
事業者名:株式会社コクド
スキー場名:かぐらスキー場
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/index.html
所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三俣
キロ程:794m
支柱基数:不明
高低差:178m
最急勾配:不明
輸送能力:2400人/時
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:時計
動力:電気
許可年月日:1992年8月12日
運輸開始年月日:1992年12月19日
種別:特殊索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:4人 フード付き
山麓:不明
山頂:不明
索道メーカー:安全索道
鋼索メーカー:不明

観察日:2002年3月23日

みつまたエリアのメインバーン「ファミリーコース」に平行する「大会バーン」に架設されているフード付きデタッチャブルクワッド。トップ画像の左側にある森を挟んで第1高速と平行する位置にある。画像中央奥がみつまたロープウェー山頂停留場。

乗場は、第1高速よりもロープウェイ山上停留場に近いため、乗継ではこちらがメインになる。

MITSUMATA2DQ02

正面から見た搬器。

MITSUMATA2DQ03

後方から見た搬器。安索のフードは、後方もすっぽり包む構造になっている事がわかる。後方下部も透明な部材である必要があるのか? という疑問もあるが、防寒性や見てくれの良いデザインであることは確か。後方から吹雪かれるような気象条件では威力を発揮する。

執筆日:2005年11月26日

« みつまた高原第1高速リフト | トップページ | みつまた高原第3リフトA線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みつまた高原第2高速リフト:

« みつまた高原第1高速リフト | トップページ | みつまた高原第3リフトA線 »