« 伊吹山ゴンドラ ~近江鉄道経営は2005年10月30日限り | トップページ | 伊吹山二合目リフト »

2005.11.10

伊吹山山麓第2リフト

IBUKISANROKU2SL01

伊吹山山麓第2リフト
事業者名:近江鉄道株式会社
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/ski/ibukiyama/
所在地:滋賀県坂田郡伊吹町上野
キロ程:448m
支柱基数:不明
高低差:180m
最急勾配:不明
輸送能力:600人/時
搬器台数:不明
速度:不明
動力:電気
許可年月日:1975年10月23日
運輸開始年月日:1975年12月7日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1人
山麓:不明
山頂:不明
索道メーカー:不明
鋼索メーカー:不明

観察日:2004年6月2日

近江鉄道が、2005年10月30日限りで撤退した伊吹山スキー場の登行リフト。その後、スノーマジックエンターテーメントジャパンが伊吹山スキー場の営業を引き継ぐ事が、新聞で報じられたので、このリフトも存続の可能性が出てきた。ただ、来場者数や雪の状況から考えると、引き継ぐリフトは限定する可能性もあり、現時点では微妙な状況だろう。

画像は、山麓停留場に最も近い駐車場からみた様子で、正面の民宿の裏側に山麓停留場がある。電線が平行しているため、リフト支柱が目立たない。

観察日からわかるように夏季休業中で搬器は外されており、筆者は未乗である。

名称から考えるに以前は第1があったと思われるが、詳細は不明。日本ケーブルの『建設経歴書』にある伊吹山夏山山麓リフト(1957年度建設、延長430m)が該当すると思われる。

山頂停留場から一合目ロマンスリフト及び一合目リフトB線に乗り継ぐ事ができるが、未見のため詳細は割愛する。基本データは以下の通り。

○一合目ロマンスリフト 446m 1956/9/14認可 1957/1/13営業開始
 高低差130m 1200人/時
 ※認可・営業開始日は旧線の日ケ製シングルリフトのものと思われる

○一合目リフトB線 419m 1968/9/17認可 1969/1/5営業開始
 高低差130m 日本ケーブル 600人/時

執筆日:2005年11月10日

« 伊吹山ゴンドラ ~近江鉄道経営は2005年10月30日限り | トップページ | 伊吹山二合目リフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山山麓第2リフト:

« 伊吹山ゴンドラ ~近江鉄道経営は2005年10月30日限り | トップページ | 伊吹山二合目リフト »