« 八海山第2ロマンスリフト | トップページ | 番外編:日ケーの新形原動緊張装置? »

2005.11.22

八海山第3ロマンスリフト

八海山第3ロマンスリフト
事業者名:株式会社コクド
スキー場名:六日町八海山スキー場
公式サイト:http://www.princehotels.co.jp/ski/hakkaisan/index.html
所在地:新潟県南魚沼市八海山
キロ程:969m
支柱基数:不明
高低差:380m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:不明(セーフティバー・フットレスト付き)
速度:不明
回転方向:不明
動力:電気
許可年月日:1990年9月4日
運輸開始年月日:1990年12月20日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:不明
山頂:不明
索道メーカー:不明
鋼索メーカー:不明

観察日:2002年3月23日

ロングランコースで中級以上のスキーヤー・ボーダーに人気のある六日町八海山スキー場のメインコースの上部にあるリフト。山頂停留場はロープウェイ山頂に近い。

上級者には美味しい上部の急斜面のみを繰り返し滑れる。

筆者の訪問時にはもう雪が腐っていたので、自称極楽スキーヤーには辛い斜面だった。リフト乗車の実績をつむためにこのリフトに乗って山頂に戻ったものの、どうも滑る気にならずロープウェイ下り線で降りた。この日は、これから「かぐらみつまた」を予定していたので、体力を温存しなくてはならないのだ。いま思えば、迂回コースの「らくらくコース」を降りればよかったようにも思うが、ガラガラのロープウェイに乗って、搬器内の画像も撮りたかったのだ。

さて、本題のリフト本体だが、たぶん太平索道だと思うが、第1/第2ロマンスとは搬器形状が違うようだ。(自分で撮っていなかったので、画像検索で探した)少なくとも安索でも日ケーでもないのは確か。東索のようにも見えるが、支柱の作業アームが東索とは違うように思われるので、太平の可能性が高いと思う。

HAKKAISANTICKET

これが当日使ったリフト券。「KOKUDO」地紋の用紙にプリントされている。比較的新しい発券機らしく、フォントが綺麗だ。

執筆日:2005年11月22日

« 八海山第2ロマンスリフト | トップページ | 番外編:日ケーの新形原動緊張装置? »

コメント

おぉ!KOKUDO地紋ですか。他のコクド系列のスキー場も共通地紋だったのでしょうか?

投稿: CSSSB | 2005.11.22 23:27

CSSSBさん、コメントありがとうございます。

この時は、続いて「みつまた」「苗場」と回り、どちらも同じ地紋でした。今年行った中では、七飯はPOS発券でなかったので、昔、コクドでよく見た様式。ごりん高原は若干様式が違いますが、「KOKUDO」の地紋入りでした。

すでにアップ済みの七飯とごりん高原の記事に、リフト券画像を追加しておきました。ごりんは12年前の初訪問時の券も出てきましたので合わせて画像化してます。
http://cable.cocolog-nifty.com/sakudo/2005/06/5_0270.html
http://cable.cocolog-nifty.com/sakudo/2005/05/1_1819.html

投稿: こぶ | 2005.11.23 03:37

一昨シーズンに訪問した妙高杉ノ原のリフト券が出てきましたので杉ノ原第1ロマンスリフトの記事に追加しておきました。ごりん高原と同じ用紙のようでした。

http://cable.cocolog-nifty.com/sakudo/2005/02/post_4.html

投稿: こぶ | 2005.11.27 12:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八海山第3ロマンスリフト:

« 八海山第2ロマンスリフト | トップページ | 番外編:日ケーの新形原動緊張装置? »