« 猪苗代リゾート スカイシャトル ~元京急系リゾート | トップページ | 猪苗代リゾート 第2ペアリフト »

2006.01.16

猪苗代リゾート 第1ペアリフト

INAWAR01PL01

猪苗代リゾート 第1ペアリフト
事業者名:セラヴィリゾート(株)
スキー場名:猪苗代リゾート
公式サイト:http://www.inawashiroresort.co.jp/ski/
所在地:福島県耶麻郡猪苗代町綿場7126
キロ程:810m
支柱基数:19基
高低差:188m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:136台
速度:不明(キロ程と搬器台数から逆算すると2.0m/sと思われる)
回転方向:反時計
動力:電気 90kw
許可年月日:1985年6月6日
運輸開始年月日:1985年12月20日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動油圧緊張
山頂:終端
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2005年12月25日

本スキー場はゴンドラを中心とする縦長のレイアウトで、ゴンドラの東側に平行して縦に3本のペアリフトが架かる。リフトを乗り継いでもゴンドラ山頂まで登る事ができ、気に入った部分を繰り返し滑るにも向いた構成だ。

この第1ペアリフト(正式名称は天鏡台第1リフト)は、ベース部分から伸びるリフト。このスキー場は、大半が中斜面という構成なので、ベース部のリフトと言っても初心者では歯が立たず、純然たる初級者なら林間迂回コースの方が良いかもしれない。九十九折の迂回コースの割には広く作られ、ナイター照明もあるので、スキーならばそれなりに楽しいだろう。

上から順番に乗ってきたので、画像のようにここに乗ったときはすっかり陽が落ちていた。訪問日の日曜はナイター営業は行われないが、第1ペアのみは18時までの営業だった。

ハードとしては、この時代の日本ケーブル製の標準的なペアリフトだ。

執筆日:2006年1月16日

« 猪苗代リゾート スカイシャトル ~元京急系リゾート | トップページ | 猪苗代リゾート 第2ペアリフト »

コメント

余談ですいませんが、2つほど。
京急系列のサンアルピナ青木湖も、2005年6月にフューチャーズインベストメントという会社に売却されたようですね。時期も売却先も異なりますが、これで京急系列のスキー場はなくなったことになるのでしょうか。
天鏡台は行ったことがあります。急斜面の上にあって眺めはよいのですが、晩秋の日没前で私の他には誰もいませんでした。

投稿: U君 | 2006.01.17 00:50

U君さん、コメントありがとうございます。

青木湖も売却ですか。大手私鉄は多角経営を見直しに入っている会社が多いですから、その流れなのでしょうね。本業への波及効果が見込めないという事なのでしょう。

偶然の一致でしょうが、ここも青木湖も湖に向かって滑るというロケーションが共通ですね。

投稿: こぶ | 2006.01.17 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪苗代リゾート 第1ペアリフト:

« 猪苗代リゾート スカイシャトル ~元京急系リゾート | トップページ | 猪苗代リゾート 第2ペアリフト »