« 五ケ瀬ハイランド 第2ペアリフト | トップページ | 柳津温泉スキー場 第1リフト »

2006.01.07

五ケ瀬ハイランド 第3ペアリフト

GOKASE03PL01

五ケ瀬ハイランド 第3ペアリフト
事業者名:五ヶ瀬町
スキー場名:五ケ瀬ハイランドスキー場
公式サイト:http://www.gokase.co.jp/ski/index.html
所在地: 宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡
キロ程:312m
支柱基数:8基 高低2段式
高低差:不明
最急勾配:不明
輸送能力:不明
搬器台数:66台
速度:不明
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1991年10月2日
運輸開始年月日:1991年12月14日(乙種)、1992年8月9日(甲種)
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人 モデルE
山麓:終端
山頂:原動油圧緊張 2コラム形
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2005年12月19日

メインの初中級向けパラダイスコースの上部、初級者向けの部分をカバーするリフト。正式名称は「向坂山第3リフト」。第1ペアと同様に甲乙兼用で認可を受けており、甲種での開業もしている。グラススキー場としての整備を行なったのか、散策用のリフトだったのか、どういうコンセプトでグリーンシーズンの営業をしたのか不明であり、不可解でもある。

GOKASE03PL02

「く」の字状のゲレンデの曲がり角内側部分に山麓停留場がある。土地柄を考えるなら、第2リフトよりもこちらを先に開業した方が得策だったような気もするのだが、当時の状況はどうだったのだろう。

GOKASE03PL03

これが甲乙兼用だった証拠の高低2段に対応した支柱。各地の日ケー製甲乙兼用リフトで見られる。(例1例2

これで五ケ瀬ハイランドのリフトは全制覇。次に九州のスキー場に行くならば、忘れ物には気をつけて、日本最西端の天山と、最大規模に成長した九重をまとめて片付けたい。

執筆日:2006年1月7日


« 五ケ瀬ハイランド 第2ペアリフト | トップページ | 柳津温泉スキー場 第1リフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83381/8014998

この記事へのトラックバック一覧です: 五ケ瀬ハイランド 第3ペアリフト:

« 五ケ瀬ハイランド 第2ペアリフト | トップページ | 柳津温泉スキー場 第1リフト »