« 岡山スカイガーデンロープウェイ ~東京索道最古の交走式 | トップページ | 五ケ瀬ハイランド 第1ペアリフト ~日ケー標準の規格外? »

2006.01.03

まほろばの里リフト

MAHOROBA01

まほろばの里リフト
事業者名:富士燃料株式会社
スキー場名:まほろばの里グラス・アストロスキー場
公式サイト:http://www.denden.net/mahoroba/
所在地:鹿児島県姶良郡牧園町高千穂3240
キロ程:99m
支柱基数:4基
高低差:不明
最急勾配:不明
輸送能力:不明
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1999年6月22日
運輸開始年月日:1999年7月29日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1人
山麓:重錘緊張
山頂:原動
索道メーカー:不明
鋼索メーカー:不明

観察日:2005年12月17日


霧島高原にある観光施設「まほろばの里」内にあるグラス・アストロスキー場のリフト。現時点では、日本で7番目に短いリフトである。

ちなみに国内の100m以下の索道は以下の通り。

 ヘブンスそのはらスキー場 第6リフト 85m
 軽井沢プリンスホテルスキー場 第4リフト 93m(今シーズンは休止?)
 登別山麓リフト 94m
 裏磐梯猫魔スキー場 子供リフト 98m
 上越国際スキー場 ホテル前ロマンスリフト 98m
 御岳登山鉄道 リフト 98m
 まほろばの里 リフト 99m

滑走場に雪を使わないスキー場には、専用の器具を使うグラススキー場と雪用のスキー・ボードを使う人工スキー場(人工芝・プラスノー・アストロゲレンデ)がある。

グラススキーの用具は、ローラースケートの車輪をキャタピラーに変えたような靴で芝生の斜面を滑るもので、基本的にはスキーと同じフォームで滑るが、横滑りはしないので、きっちりと荷重移動で曲がらないとならない。きちんと乗りこなすと、スノースキーではキレるターンができるはずなので、オフシーズンのトレーニングに流行った。また、マウンテンボードという不整地用スケートボートとでもいうべき器具を用いるスノーボードのグラススキー版もある。

一方、人工スキー場は雪用のスキーやスノーボードを使って滑走する設備で、プラスチック製の人工芝・プラスノー・アストロゲレンデが斜面に敷き詰められ、それを滑走面として滑る。撒水したり、ビーズ玉のようなものを巻いて滑走しやすくしている。

MAHOROBA02

こちらのゲレンデがグラススキー用で、リフト寄りのゲレンデがアストロゲレンデ。

さて本題。訪問日は、ときおりみぞれ模様となる雨天だったので、スキー場は休止しており、リフトには乗れなかった。

MAHOROBA03

この原動装置はかいもん山麓ふれあい公園リフトと似ており、確証はないものの両者とも九州大和索道(大和索道建設)製と思われる。

執筆日:2006年1月3日

« 岡山スカイガーデンロープウェイ ~東京索道最古の交走式 | トップページ | 五ケ瀬ハイランド 第1ペアリフト ~日ケー標準の規格外? »

コメント

軽井沢プリンスホテルスキー場の第4リフトは昨シーズンも運休だったみたいですよ。
私が行った昨年3月5日には、既に搬器が掛かっていませんでした。
ちなみに上記では、上越国際のホテル前ロマンスリフトにしか乗ったことがありませんと言うか、上記で行ったことがあるのが上越国際と軽プリだけですが。
仮設リフトでは芸北高原大佐のTバー(正確にはロープトゥだったが。)の30mが最短でした。
ヤマケイのスキー場ガイドに長さが書かれていたリフトではこれが最短でしたが、数年前からムービングベルトに変更になってしまったようです。


とりあえす常設リフト最短のヘブンスそのはらの第6リフトは乗っておきたい。
裏磐梯猫魔の子供リフトは、以前はハーフパイプ用のリフトでしたが、今行っても大人でも乗せてくれるのだろうか?

投稿: ヤックル | 2006.01.04 23:22

ヤックルさん、コメントありがとうございます。
軽井沢第4は昨シーズンも運休でしたか。昨シーズンのガイド本には出てましたから、一昨シーズンまでの営業だったのでしょうね。
猫魔は今シーズンの公式サイトでは状況がよく判りませんね。大人は乗せてもらえないような予感がしてます。さすがに「マニアなので乗せて欲しい」というのは少し恥ずかしいような気もします。
この2本は乗っていません。
実は、ヘブンスそのはら第6も、実質的にキッズエリアアクセス専用のような位置にあるので、少し恥ずかしかったです。その上、幼児用に搬器下を思い切り低くしてあるので、乗りづらかったですね。
上越国際は乗っているはずですが、20年近く前ですし全然印象に残ってません。
ロープトゥを含めるとまだまだありそうですが、そこまで手を広げると際限が・・・・・

投稿: こぶ | 2006.01.05 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まほろばの里リフト:

« 岡山スカイガーデンロープウェイ ~東京索道最古の交走式 | トップページ | 五ケ瀬ハイランド 第1ペアリフト ~日ケー標準の規格外? »