« 旭川神居山スキー場ゴンドラリフト ~国内唯一のCWAオメガタイプ4人乗り搬器 | トップページ | 旭川神居山スキー場 第2ペアリフトA線/B線 »

2006.02.23

旭川神居山スキー場 第1ペアリフトA線/B線

KAMUI01PL01

旭川神居山スキー場 第1ペアリフトA線/B線
事業者名:(株)旭川北インター開発公社
スキー場名:カムイスキーリンクス
公式サイト:http://www.kamui-skilinks.com/index1.html
所在地:北海道旭川市神居町西丘112
キロ程:835.89m
支柱基数:16基
高低差:137.21m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:121台
速度:2.3m/s
回転方向:時計/反時計
動力:電気 75kw
許可年月日:1984年7月23日
運輸開始年月日:1984年12月18日
建設年:1984年11月30日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式 パラレルリフト
搬器定員:2人
山麓:原動油圧緊張
山頂:終端
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年1月30日

スキー場ベース部の南側に架かるペアパラレルリフト。どちらがA線でどちらがB線か明示されていなかったが、山に向かって左側がA線である事が多いので、この前提で執筆する。これに従えば、当日はB線が運休中であった。

当日は最も奥にあるので行きにくい第5ペアリフトにまず行ったので、第1ペアが最後になった。乗り場にたどり着いたら通路を閉めようとしていたので、お願いして乗せてもらう。あとで確認したら、当日の営業は16時までで、筆者が乗ろうとしたのは16時2分ぐらいだった。申し訳ないことをしたと反省。

KAMUI01PL02

山麓停留場は、中央部のコラムを共通としたパラレルリフト仕様の4コラム原動緊張装置を採用。

KAMUI01PL03

山頂は標準的な終端装置だ。バックに見える原動緊張装置は第2ペアリフト。

KAMUI01PL04

北海道は運輸局で指導が出ているのかと思うほど、このように多くのスキー場で索道の仕様が掲示されており大変助かる。


執筆日:2006年2月23日

« 旭川神居山スキー場ゴンドラリフト ~国内唯一のCWAオメガタイプ4人乗り搬器 | トップページ | 旭川神居山スキー場 第2ペアリフトA線/B線 »

コメント

索道の写真、載っていますよ。

投稿: あっちゃん | 2006.02.23 20:47

あっちゃんさん、コメントありがとうございます。ブログを拝見させていただきますね。

投稿: こぶ | 2006.02.23 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭川神居山スキー場 第1ペアリフトA線/B線:

« 旭川神居山スキー場ゴンドラリフト ~国内唯一のCWAオメガタイプ4人乗り搬器 | トップページ | 旭川神居山スキー場 第2ペアリフトA線/B線 »