« 旭川神居山スキー場 第4ペアリフト | トップページ | 深川スキー場 第1高速リフト »

2006.02.27

旭川神居山スキー場 第5ペアリフト

KAMUI05PL01

旭川神居山スキー場 第5ペアリフト
事業者名:(株)旭川北インター開発公社
スキー場名:カムイスキーリンクス
公式サイト:http://www.kamui-skilinks.com/index1.html
所在地:北海道旭川市神居町西丘112
キロ程:999.61m
支柱基数:19基
高低差:280.30m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:145台
速度:2.3m/s
回転方向:反時計
動力:電気 132kw
許可年月日:1965年11月5日
運輸開始年月日:1966年1月15日
建設年:1990年11月
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:重錘緊張
山頂:原動
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年1月30日

本スキー場の前身である神居山スキー場時代のコースに架かるペアリフト。カムイスキーリンクスとなってからも、その当時に架設されたと思われるシングルリフトで営業していたが、そのシングルリフトの免許を生かし、1990年にペアリフトに架け替えられた。

KAMUI05PL03

神居山スキー場時代は、この山麓停留場付近にアプローチ道路が通じていたようだが、現在は積雪期に通じる道は無く、ゴンドラ山頂から滑り込む形になる。一方、帰路はゲレンデ上部から現在のベース部に向う。そのためか、リフト営業終了時刻は早い。

山麓緊張、山頂原動となっており、このタイプの緊張装置は初めて見たように思う。1コラムでコンパクトにまとまっており、良く出来ている。

KAMUI05PL02

一方、山頂の原動装置は五ヶ瀬ハイランド第1ペアの原動装置と同形と思われる。

執筆日:2006年2月27日

« 旭川神居山スキー場 第4ペアリフト | トップページ | 深川スキー場 第1高速リフト »

コメント

検索サイトよりお邪魔します

神居スキーリンクスですが、前身の国設神居山スキー場時代、旧神居山スキー場までのアプローチは12号線沿いのドライブインに車を止めてそこからアプローチ道沿いに徒歩で山を登り、途中2カ所のロープトゥ・リフトにてここまで上ってきたそうです。

その名残が夏場に数カ所見られるとの事です。


また、カムイスキーリンクスとなってからはここのコースは当初閉鎖され、後に第5リフトが出来て供用開始ともなったと支配人さんから聞いた事があります。

投稿: 通りすがり | 2011.01.16 20:35

コメントありがとうございます。神居山スキー場の時代は、国道から徒歩でしたか!
地図を見ると、国道まで直線距離で2キロ、高低差が約250mですから、ロープトゥがあったとはいえ、かなり大変そうですね。

名残りが見られるなら、夏場に行ってみたいような気もしますが、北海道の山は熊が怖いので無理だなぁ。

投稿: こぶ | 2011.01.19 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭川神居山スキー場 第5ペアリフト:

« 旭川神居山スキー場 第4ペアリフト | トップページ | 深川スキー場 第1高速リフト »