« 嵐山スキーリフト ~安索屈曲リフトの唯一の生き残り(廃止) | トップページ | 旭川神居山スキー場 第1ペアリフトA線/B線 »

2006.02.22

旭川神居山スキー場ゴンドラリフト ~国内唯一のCWAオメガタイプ4人乗り搬器

KAMUIGL01

旭川神居山スキー場ゴンドラリフト
事業者名:(株)旭川北インター開発公社
スキー場名:カムイスキーリンクス
公式サイト:http://www.kamui-skilinks.com/index1.html
所在地:北海道旭川市神居町西丘112
キロ程:2363m
支柱基数:21基
高低差:585m
最急勾配:29度19分
輸送能力:1200人/時
搬器台数:103台
速度:4.5m/s
回転方向:反時計
動力:電気 300kw
許可年月日:1985年7月30日
運輸開始年月日:1985年12月12日
建設年:1985年
種別:普通索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:4人
山麓:原動重錘緊張
山頂:終端
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年1月30日


カムイスキーリンクスのメインラインであるゴンドラ。日本ケーブル製としては今のところ最後の4人乗りゴンドラで、CWA社のゴンドラ搬器がオメガタイプにモデルチェンジしてから、同社製の搬器を採用した唯一の4人乗りゴンドラであるため国内唯一のオメガタイプ4人乗り搬器となっている。さらにゴンドラとしては、国内最北に位置する。

カムイスキーリンクスは古くからあった神居山スキー場を日本ゴルフ振興の資本を入れて拡張したスキー場で、1984~85年に現在の規模となった。当初は第二次拡張の計画もあったようだがそれは実施されず、この時の規模をほぼ維持したまま営業を続けていた。本業のゴルフ場運営がおもわしくない日本ゴルフ振興は2000年にスキー事業撤退を表明したが、旭川市から緊急援助金を受け当面は営業継続を行なう事になった。この最中の2003年に日本ゴルフ振興が民事再生法適用を申請(後に会社更生法に変更)し、同年本スキー場の設備は旭川市に無償譲渡され、(株)旭川北インター開発公社が運営する事になった。

KAMUIGL02

車庫線は山麓駅にある。4人乗りのスリムな搬器が目新しい。

KAMUIGL03

KAMUIGL04

搬器内に入るとますますスリム感がある。

KAMUIGL05

山麓停留場入口に掲示されていた仕様表。

KAMUITICKET

当日は、昼前に旭川空港に着き、嵐山市民スキー場に寄ってから来たので3時間券を利用した。ここはリフト券が割安でゴンドラがありながら3時間券が2000円、1日券でも2500円だ。


執筆日:2006年2月22日

« 嵐山スキーリフト ~安索屈曲リフトの唯一の生き残り(廃止) | トップページ | 旭川神居山スキー場 第1ペアリフトA線/B線 »

コメント

野沢温泉の長坂ゴンドラリフトの情報を教えて下さい。
1、搬器の定員
2、輸送能力
3、発車間隔
以上三点、よろしくお願いいたします。

投稿: 齋藤 秀昭 | 2008.07.17 08:19

いまの索道名称は
カムイスキーリンクスゴンドラリフトだと思いますが。
鉄道ファイルを拝見して思いました。
間違ってたらごめんなさい。

投稿: 索人 | 2008.08.15 22:06

索人さん、コメントありがとうございます。

鉄道データファイルの記事をお読みいただきましてありがとうございます。一応、同記事の執筆にあたりましては、現地に取材の上で、索道名に付いては、現地担当者に確認の上で執筆してます。運輸局等への書類で使う名称と営業上の通称は異なる例は珍しくなく、また、鉄道要覧の区間に書いてある名称も当てにできないことも多いです。逆に現地係員が名称の変更を失念しているケースも少なくないので、絶対に正しいかといわれると確証はありませんが、ここの場合は、それなりの立場の方に名称を確認してますので、旧来の名称を変更したことはないものと思います。

投稿: こぶ | 2008.10.18 01:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭川神居山スキー場ゴンドラリフト ~国内唯一のCWAオメガタイプ4人乗り搬器:

« 嵐山スキーリフト ~安索屈曲リフトの唯一の生き残り(廃止) | トップページ | 旭川神居山スキー場 第1ペアリフトA線/B線 »