« 美幌町リリー山スキー場リフト | トップページ | 網走レークビュースキー場 第1リフト »

2006.03.25

網走レークビュースキー場 第2リフト

ABASHIRI02PL01

網走レークビュースキー場 第2リフト
事業者名:網走市
スキー場名:網走レークビュースキー場
公式サイト:http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/web/PD_Cont.nsf/0/D2E05C989E24A7E349256CB600022AD8?OpenDocument
所在地:北海道網走市字呼人
キロ程:900.15m
支柱基数:13基
中間停留場:なし
高低差:181.30m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:131台
速度:2.3m/s
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1993年9月24日
運輸開始年月日:1993年12月20日
建設年:1993年11月
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張油圧
山頂:終端
索道メーカー:三菱重工業
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年2月6日

網走市街地の南側にある天都山の網走湖側の斜面に開設されたスキー場。国道39号線からのアプローチ道路もたやすく、また天都山の稜線近くを縦断する道道からスキー場山頂付近にアプローチできる。駐車場は山麓・山頂両側にあるが、山頂側では多少(ロープトゥ1本分くらい)のハイクアップが必要なので、駐車場が空いていれば山麓側の方が楽。

山頂から山麓までは5本のコースがあり、尾根コースや谷コースなど変化に富んでいる。上級コースと案内されているコースでも中級者で十分に対応可能で、中級者なら半日は十分に楽しめる。市民スキー場とは一線を画した規模といえよう。

第2リフトとあるように、以前は第1リフトもあり、リフト2本で営業していた時期もあったようだ。

ABASHIRI

眺望もなかなかよく、山頂が完全に稜線の上なので、裏側になる原生花園・知床半島方面のオホーツク海も見える。一方コースからは、このように凍結した網走湖を見下ろす事ができる。

ABASHIRITICKET

1回券はこのとおり210円。筆者は1回券で2回しか滑らなかったが、2時間券1200円、4時間券1700円というのはなかなか魅力的な券種・価格の設定だ。1日券2940円も安いとは思うが、さすがにまる一日居たら飽きそうな気がする。

ABASHIRI02PL02

山麓停留場の後に見える三角屋根がセンターハウスで、食堂やレンタルスキー、リフト券窓口がある。その左手、一段下がった位置が山麓駐車場。右端に一部が写っているのが、すでに廃止された第1リフトの原動装置。

ABASHIRI02PL03

ここのリフトの最大の特徴は、実績が非常に少ない三菱重工業製であること。三菱は、スイスのガラベンタ社、米国のリフトエンジニアリング社(YAN)と技術提携して索道業界に参入したがリゾート開発ブームの終焉のためか、ほとんど実績を残していない。筆者が掴んでいる範囲では、ガラベンタ社系の製品として新神戸ロープウェイ(ゴンドラ)、大雪山旭岳ロープウェイ、サエラスキーリゾートのクワッド、リフトエンジニアリング社系の製品としてはキッズメドウス(現サンメドウズ)、ホワイトピアたかすの一部のリフト、バラキ嬬恋(現 パルコール嬬恋)があるが、特に後者はリフトエンジニアリング社の廃業があったためにデタッチャブルは全て架け替えられた。また、どちらとの提携か不明なリフトが今金町ピリカとマウンテンパーク津南にある。

ここのリフトは、三菱YANらしくホワイトピアたかす第3ペアとまったくの同形態である。

ABASHIRI02PL04

脚立やスノーダンプが邪魔で、半分しか仕様が見えなかった。こんな事にこだわるお客は筆者ぐらいだろうから、しかたがないか(泣)

ABASHIRI02PL05

搬器のフレームの形状はホワイトピアたかす第3ペアと同じに見えるが、座板と背板の形状と材質が異なる。一人分ずつ独立していたWPたかすの方が高級に見えるが、一人乗車の際に中央に乗りにくいので、独立形状が良いとは一概に言えない。支柱の作業アームの形状も変り、他の国内メーカーと近い形になった。

ABASHIRI02PL06

山頂の終端装置もWPたかすと同じ三菱YANの独特の形状。過剰装飾でコスト高でないのか他人事ながら気になる。


執筆日:2006年3月25日

« 美幌町リリー山スキー場リフト | トップページ | 網走レークビュースキー場 第1リフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網走レークビュースキー場 第2リフト:

« 美幌町リリー山スキー場リフト | トップページ | 網走レークビュースキー場 第1リフト »