« 小海リエックス 第2ペアリフト | トップページ | 小海リエックス 第4ペアリフト »

2006.04.18

小海リエックス 第3ペアリフト

Reex03pl01

小海リエックス 第3ペアリフト
事業者名:松原湖高原開発(株)
スキー場名:小海リエックス・スキーバレー
公式サイト:http://www.reex.co.jp/KOUMI/
所在地:長野県南佐久郡小海町松原湖高原
キロ程:450m
支柱基数:8基
中間停留場:なし
高低差:77m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:52台(+α)
速度:不明
回転方向:時計
動力:電気
許可年月日:1988年5月17日
運輸開始年月日:1988年12月22日
建設年:1988年12月
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2名
山麓:原動油圧緊張
山頂:終端
索道メーカー:川鉄鉄構工業
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年3月24日

ゲレンデ最上部のウェンゲンコースに架かるペアリフト。林間の初級者コースをカバーし、初心者でも楽しめると思う。ただ、初心者がここまで上がると降りるのに苦労しそうなのでお勧めできない。正式名称はNo.3ペアだが、支柱銘板にはNo.6ペアリフトと書かれているのが謎だ。当初の計画ではNo.3ペアリフトは違う位置に計画されており、完成後に改称したのかもしれない。実際、91年の立風書房のスキー場ガイドでは、アイガーコースに沿ったリフト計画線が書かれている。ただ、その時点でこのリフトは第3ペアになっている。

第2ペア以外以外のペアリフトでは、停留場付近に使われていない搬器とフットレストが置かれており、フットレストを外した上で、搬器も減数していると思われる。このリフトも仕様銘板を撮り忘れたので本来は何台なのか不明。

Reex03pl02

第2ペア同様に山麓原動滑車には大型の振れ止めがあるが、折り返し滑車にはない。

執筆日:2006年4月18日

« 小海リエックス 第2ペアリフト | トップページ | 小海リエックス 第4ペアリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小海リエックス 第3ペアリフト:

« 小海リエックス 第2ペアリフト | トップページ | 小海リエックス 第4ペアリフト »