« びわ湖バレイスキー場 汁谷ペアリフト | トップページ | びわ湖バレイスキー場 ホーライクワッドリフト »

2006.04.04

びわ湖バレイスキー場 ホーライペアリフト

BIWAKOHORAIPL01

びわ湖バレイスキー場 ホーライペアリフト
事業者名:(株)びわ湖バレイ
スキー場名:びわ湖バレイスキー場
公式サイト:http://www.biwako-valley.com/index.html
所在地:滋賀県大津市木戸
キロ程:430m
支柱基数:不明
中間停留場:なし
高低差:110m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:66台
速度:不明(搬器台数から逆算すると1.8m/s)
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1964年10月30日
運輸開始年月日:1965年2月12日
建設年:不明
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張油圧
山頂:終端
索道メーカー:安全索道
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年2月25日

打見ペアの山麓停留場がある鞍部から蓬莱山のピークに向い稜線沿いに架かるリフト。平行してクワッドも架かる。

この稜線は中斜面の幅広いゲレンデとして整備されており、リフトのびわ湖側は大回りすると初級者コース、リフトに沿って直線的に滑ると中級者コースとなっている。リフトの反対側は上部は中斜面だが、下部がちょっとした壁になっており、ここをモーグルコースとしてこぶ斜面に整備していた。

このリフトも創業以来の免許により変更認可でペア化されており、以前はシングルリフトが3本平行して架けられていた。1980年代半ばに大雪が降った直後に訪問した時、リフトが埋まってしまい営業開始が遅れていたのを思い出す。ようやく営業を開始したホーライリフトは、まず1本が雪の壁の間を行くような感じで動き出し、真ん中は除雪作業中、3本目は搬器は完全に雪の中というありさまだった。この時は白谷リフトも完全に埋まっていた。

さて本題。ここも汁谷ペア同様に標準的なペアリフト機械。となりに写っているのはクワッドの山麓停留場だ。いつペア化されたのか、打見ペア同様に支柱銘板がなかったのでわからならい。

BIWAKOHORAIPL02

山頂もクワッドに密着して隣接する。これぐらいの長さでは、デタッチャブルクワッドと所要時間に大きな差が出るわけでなく、筆者のように並ぶのが嫌いな人もそれなりにいるようで、そこそこの利用が見られた。

このように好天なので、リフトの上がちょうど良い休憩時間になると思った人も多いのだろう。


執筆日:2006年4月4日

« びわ湖バレイスキー場 汁谷ペアリフト | トップページ | びわ湖バレイスキー場 ホーライクワッドリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びわ湖バレイスキー場 ホーライペアリフト:

« びわ湖バレイスキー場 汁谷ペアリフト | トップページ | びわ湖バレイスキー場 ホーライクワッドリフト »