« びわ湖バレイスキー場 汁谷クワッドリフト | トップページ | びわ湖バレイスキー場 ホーライペアリフト »

2006.04.03

びわ湖バレイスキー場 汁谷ペアリフト

BIWAKOSHIRUTANIPL01

びわ湖バレイスキー場 汁谷ペアリフト
事業者名:(株)びわ湖バレイ
スキー場名:びわ湖バレイスキー場
公式サイト:http://www.biwako-valley.com/index.html
所在地:滋賀県大津市木戸
キロ程:591m
支柱基数:16基
中間停留場:なし
高低差:150m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:99台
速度:不明(搬器台数から逆算すると2.0m/s)
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1964年10月30日
運輸開始年月日:1965年2月12日
建設年:1991年7月
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張油圧
山頂:終端
索道メーカー:安全索道
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年2月25日

汁谷クワッドの平行線。架替えもほぼ同時に行なわれている。先に書いたように、ここはシングル3本の平行線であったが、少なくともそのうち2本は、スキー場開設時より平行線で架けられた事がわかる。

デタッチャブルクワッドの平行線でもペアリフトにそれなりの利用があるのは、それだけ混んでる証拠といえよう。筆者訪問時もクワッドは常に並んでいるのに対し、ペアは列がないので、好んでペアに乗っていた。

BIWAKOSHIRUTANIPL02

このように山頂も山麓もクワッドとまったく同じ位置にある。

デタッチャブルクワッドの平行線で固定式ペアを架けたのは、予備的な存在である事と夏山営業時にはクワッドではなくペアで行うためと思われる。クワッドは冬山専用の仕様であるのに対し、ペアは夏冬兼用になってる。

執筆日:2006年4月3日

« びわ湖バレイスキー場 汁谷クワッドリフト | トップページ | びわ湖バレイスキー場 ホーライペアリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: びわ湖バレイスキー場 汁谷ペアリフト:

« びわ湖バレイスキー場 汁谷クワッドリフト | トップページ | びわ湖バレイスキー場 ホーライペアリフト »