« 牧の入第5ペアリフト | トップページ | 牧の入第7トリプルリフト »

2006.05.11

牧の入第6クワッドリフト

Makinoiri06dq01

牧の入第6クワッドリフト
事業者名:大和観光興産株式会社
スキー場名:牧の入スノーパーク
公式サイト:http://www.makinoiri.co.jp/index.html
所在地: 長野県中野市大字田上牧の入
キロ程:926.08m
支柱基数:14基
中間停留場:なし
高低差:242.9m
最急勾配:不明
輸送能力:2400人/時
搬器台数:126台
速度:4.0m/s
回転方向:時計
動力:電気 260kw
許可年月日:1996年10月3日
運輸開始年月日:1996年12月20日
建設年:1996年12月
種別:特殊索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:4名 モデルE
山麓:原動油圧緊張 車庫線
山頂:終端
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年3月25日

牧の入唯一のデタッチャブルリフトであるクワッド。メインバーンとなっている快適な中斜面「パラダイスフィールド」をカバーする。ここには1987年、第1ペアリフトと同時に第6ペアリフトが新設されており、そのクワッド化の結果が本リフトだ。

Makinoiri06dq02

山麓停留場はETタイプの機械カバー方式で、レール部分だけ小さな覆いがある車庫線がある。握索機はトーションバースプリングを使う新世代のものだ。支柱も円筒柱である。

Makinoiri06dq03

山頂停留場もETタイプの機械カバー方式。

執筆日:2006年5月11日

« 牧の入第5ペアリフト | トップページ | 牧の入第7トリプルリフト »

コメント

山麓停留場もETタイプで山頂停留場もETタイプの時で車庫がない場合いリフトは夜どこにしまうかおしえてください。

投稿: クワッド | 2009.10.27 10:59

クワッドさん、コメントありがとうございます。

車庫線のないデタッチャブルリフトは、シーズン中は夜間もぶら下げっぱなしです。しーずん終了後は外して格納します。

投稿: こぶ | 2009.11.06 13:36

ありがとうございました。

投稿: クワッド | 2010.02.17 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧の入第6クワッドリフト:

« 牧の入第5ペアリフト | トップページ | 牧の入第7トリプルリフト »