« 開田高原マイア 第2高速ペアリフト | トップページ | チャオ御岳スノーリゾート フライングチャオ ~JR東海系のゴンドラ »

2006.06.03

開田高原マイア 第3ペアリフト

開田高原マイア 第3ペアリフト
事業者名:開田高原開発株式会社(当時) 現在は 株式会社マイア
公式サイト:http://www.mia-ski.com/
所在地:長野県木曽郡木曽町開田高原西野
キロ程:822m
支柱基数:17基
高低差:136m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:137台 セフティバー付
速度:2.0m/s
回転方向:不明
動力:電気
許可年月日:1994年10月7日
運輸開始年月日:1996年12月9日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人 モデルE
山麓:
山頂:
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2002年4月6日

最もベースに近い最下部の山に向かって右側をカバーするリフト。開設時の意図としては、初心者向けという位置づけだったのだろうが、横にパークがあるので、現在ではパーク利用者がメインターゲットだと思う。

延長800mを越えるリフトとなれば、中規模スキー場なら堂々と主役を張っていてもおかしくないクラスで、それがここでは脇役であるところが、マイアがイメージよりも規模が大きいという傍証だろう。

ただ、いくら滑り応えがある距離と言っても、コースバリエーションが多いわけではないので、半日で十分、1日居たら飽きそうだ。幸い、周りはスキー場が多いので、宿泊して翌日は他に行く手もある。筆者も濁河温泉温泉に泊まって、翌日はチャオ御岳に転戦した。

申し訳ないが、リフト画像はなし。たぶん山麓原動緊張の標準的なタイプだったのだと思う。最終日という事で、運転していなかったような気がするが、実は乗ったかどうかもはっきり覚えていない。

Miaticket

リフト券は、際立った特徴はないように思う。

執筆日:2006年6月3日
データ修正:2006年6月6日(U君さん提供)



« 開田高原マイア 第2高速ペアリフト | トップページ | チャオ御岳スノーリゾート フライングチャオ ~JR東海系のゴンドラ »

コメント

ここは未訪です。そうですか滑り応えがありますか・・・うひゃひゃひゃ(謎)。木曽エリアはおんたけ派ですが、早速行きたいです。とりあえず早く雪降れー。
また、開田高原開発再建の経緯も理解できありがとうございます。紙のリフト券は、確かこのシーズンが最終でした。次シーズンからIC化されたのは、経営母体のリニューアルの影響もあったのかもわかりませんね。

投稿: CSSSB | 2006.06.03 23:14

CSSSBさん、コメントありがとうございます。

貧乏そうな会社だからリフト券はこのままかと思っていたのですが、ICカードの自動改札になっていたのですか。他事業者との共通券もないのにもったいない事です。ICカードなどいれなくても、改札フリーにすればよいのに。

滑り応えがあるといっても、クワッドの斜面は緩斜面なので、好みは人によりけりだと思います。極楽スキーヤーの私は、けっこう気に入りました。

投稿: こぶ | 2006.06.03 23:54

'06シーズンの最終日に行きましたが、土曜日だったのにこのリフトは運休していました。
土日祝のみ営業するリフトらしいですが、今シーズンの最終の週末は特別延長だった為に運休していたみたいです。
もっとも3月最終月曜以降の来場者には来期のリフト1日券の引き換え券をくれるのと、晴天が期待できる日だったので行ったので、第3リフト乗車は来期の楽しみということで納得しています。

ICカードの保障料って他のスキー場が1000円なのに、マイアは500円の保障料になっていました。
帰りに駐車場までホルダーに入れたまま戻ると、午後からスキーヤーの1000円で買われました。
実質500円で買われたことになるが、別に損得勘定は考えないので問題なし・・・と言うか、これは本当は違法行為ですね。

投稿: ヤックル | 2006.06.06 00:01

こちらもレスできそうですので、ついでに。
2005年3月に訪問しています。
速度は2.0m/s、支柱17基、搬器137台です。第1と第2には距離と原動機出力も掲示してあったのですが、第3にはありませんでした。
搬器はセフティーバー付きですね。
自動改札はSKIDATAですが、何とリフト2本しかない(鉄道要覧では1本になっていますが)那須温泉ファミリーにも同じ会社の自動改札がありました。那須のようなスキー場に付けて意味があるのか?と思いました。

投稿: U君 | 2006.06.06 00:11

>ヤックルさん
コメントありがとうございます。
立地を考えると理解はできますが、運休になりやすいリフトですね。全リフトに乗りたい派にはネックかもしれません。

>U君さん
データありがとうございました。さっそくデータを追加いたしました。
SKIDATA社の自動改札システムというと日本ケーブルが代理店のシステムですね。いろいろと拡張が可能なようですが、構想が先行して、追いついていないのかな?

投稿: こぶ | 2006.06.06 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開田高原マイア 第3ペアリフト:

« 開田高原マイア 第2高速ペアリフト | トップページ | チャオ御岳スノーリゾート フライングチャオ ~JR東海系のゴンドラ »