« 羅臼町営第2リフト | トップページ | ロックバレーペアリフト »

2007.02.19

ロックバレーテレキット ~もしかして日本唯一のテレキット?

Rockvalleytele01

ロックバレーテレキット

事業者名:(株)フォーレストパーク
公式サイト:http://engaru.jp/kankou_information/chiiki/en/ski/ski.html
所在地:北海道紋別郡遠軽町字野上
キロ程:303m
支柱基数:4基
高低差:69m
最急勾配:不明
輸送能力:549人/時
搬器台数:50台
速度:不明
回転方向:時計
動力:電気
許可年月日:1980年7月31日
運輸開始年月日:1980年12月25日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式(滑走式)
搬器定員:1人
山麓:原動停留場
山頂:緊張(重錘)停留場
索道メーカー:安全索道
鋼索メーカー:不明

観察日:2007年2月7日

遠軽町遠軽地区の市街地外れにあるロックバレースキー場初級者コースにある滑走式リフト(旧丙種特殊索道)。『民鉄要覧』によれば、架設時の事業者は(株)ビーエム観光で後に(有)ロックバレーに譲渡され、1996年に同社が(株)フォーレストパークと商号を変更したらしい。遠軽町の合併協議会の資料によれば、(株)フォーレストパークは平成8年設立の第3セクターとなっており、商号変更という『民鉄要覧』の記述が正しくないのか、株式会社に移行した日を設立としているのかよく判らない。ともかく、現在の事業者である(株)フォーレストパークは遠軽町が49%出資する第3セクターである。

Rockvalleytele02

これがスキー場の全景。1枚バーンのコースの山に向かって右側にトップまで登るリフト、左側の緩斜面部分にテレキットが架設されているのが判る。

滑走式リフトで一般的なのはスプリングボックスに巻き取られたロープの先端にプラッタースティックかTバーが取り付けられている方式で、シュレップリフトとかJバーリフト、Tバーリフトと呼ばれる方式だ。しかし、このテレキットは仏国ポマガルスキー社が開発した方式で、スプリングボックスとロープの代わりに伸縮式のポールを使う。このロックバレーテレキットが国内第一号という事であるが、筆者はここ以外に存在を知らない。もしかしたら、唯一の存在ではないかと思っているが、どこか他でも存在していたことをご存知の方は教えてほしい。

Rockvalleytele03

これが山麓原動停留場。一般的なシュレップリフトよりも簡易な構造の原動装置である。

Rockvalleytele04

原動装置をよく見るとポマガルスキー社のメーカーズプレートと色あせた安全索道のメーカーズプレートがあった。

Rockvalleytele05

これがテレキットの搬器。乗車中に片手撮影した。二重になったアルミパイプが、突っ張り棒とは逆向きに作動すると考えると理解しやすいだろう。

Rockvalleytele06

上下線で段違いになっているのは、滑走式リフトでは良く見られる形式。

Rockvalleytele07

これが山頂停留場の降り場である。

Rockvalleytele08

緊張装置も原動装置と同様に簡易な構造。

Rockvalleytele09

降り場にある標識にもポマ社のマークが入っているが、これも輸入品なのだろうか? そうだとしたら、進入禁止は日仏で同じマーク?

とにかく筆者としては、テレキット初体験で、これが見たいがために遠軽まで足を伸ばした次第。大満足だった。

Rockvalleyticket
こちらはテレキットとペアリフトの乗車券。さすがに1回券の利用は少ないのか、テレキットの乗車券には「平成8年シーズン終了まで」と書かれている。料金の訂正が行われているので、ミスプリではないだろう。ということは10年前に印刷した乗車券と思われる。シンプルな様式だが北海道のロコスキー場としては平均的なレベルだろう。

執筆日:2007年2月19日

« 羅臼町営第2リフト | トップページ | ロックバレーペアリフト »

コメント

私ならJバーで済ませてしまうところでしたが、確かに一般的にはワイヤー側にはロープと巻き取り器になっているのに、これはワイヤー側も手持ち側もポールになっていますね。
変わったリフトを探し出すと、いろいろなものが出てきますね。

この記事とは関係ないですが、フランスのアルプデュエズという所には8人乗りチェアリフトと、乗車する部分が柵だけで構成されたゴンドラがあるそうで、一度行ってみたいスキー場の1つだったりします。
ちなみにここのHPの過去の記事に、パインリッジリゾーツ芸北の6人乗りチェアリフト「おーひらエクスプレス」の記事はありましたか?

投稿: ヤックル | 2007.02.24 23:20

ヤックルさん、コメントありがとうございます。
欧米・・特に欧州のゴンドラにはユニークな搬器があるようですね。少々古い本ですが斎藤達男氏の「架空索道」(コロナ社)にはいくつか紹介されています。割と高価な本ですし、たぶん版元も絶版だと思いますので、図書館などで探してみてください。「続・旅客索道」にも載っていたかもしれません。
そういえば今年の世界アルペンの中継では、バックにたびたび8人乗りらしきリフトが写ってましたね。おそらくライトナー製。どうも、ゴンドラ搬器と併用らしく、同じ線路でチェアとキャビンがすれ違う光景も見られました。
パインリッジ芸北の6人乗りは、架設されたシーズンに乗りに行き、珍しいので撮影もしてます。ただ、まだここでは紹介してないですね。ポジなんで、画像化が面倒でついつい後回しになってます(汗)

投稿: こぶ | 2007.02.26 07:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロックバレーテレキット ~もしかして日本唯一のテレキット?:

« 羅臼町営第2リフト | トップページ | ロックバレーペアリフト »