« えぼし岳高原リゾートスポーツの里リフト ~失われた日本最西端の索道 | トップページ | いこいの森たかきリフト ~日本最西端のリフトだが・・ »

2007.02.14

雲仙ロープウェイ ~雲仙普賢岳を横目に登る

Unzen01

雲仙ロープウェイ

事業者名:雲仙ロープウェイ株式会社
公式サイト:http://www6.ocn.ne.jp/~unzenr.w/index.html
所在地:長崎県雲仙市小浜町雲仙551番地
キロ程:481m
支柱基数:1基
高低差:145m
最急勾配:30度40分
輸送能力:不明
搬器台数:2台 ぎんが、きんせい
速度:3.6m/s 1958年6月に3.0m/sより変更
動力:電気 75kw
許可年月日:1956年11月8日
運輸開始年月日:1957年7月15日
種別:普通索道
方式:1支索2曳索三線交走式
搬器定員:36人 1962年3月に31人乗りから変更
山麓駅:仁田峠駅 緊張停留場 支索/平衡索 重錘式
山頂駅:妙見岳駅 原動停留場
索道メーカー:安全索道
鋼索メーカー:帝国産業 (緊張索のみ東京製綱)
搬器メーカー:大阪車輌工業 1993年

観察日:2006年11月1日

雲仙ロープウェイはツツジで有名な仁田峠と雲仙妙見岳を結ぶ路線で、1957年に開業した。妙見岳は1990年に噴火活動を開始した普賢岳に隣接しているが、噴火活動は妙見岳の反対側で発生したためにロープウェイ側の被害はそれほど大きくなかったようだ。

Unzen02

駐車場から少し上った位置に山麓駅舎が建つ。駅舎1階にはきっぷ売り場と売店がある。

Unzen03

駅舎内の階段で乗り場に向かう構造が一般的だが、ここは駅舎外側の階段で乗り場に向かう。天気が悪ければロープウェイ利用者はかなり限られると思われ、こ のような斜面を巧みに利用した駅舎ならば、それなりに合理的な配置と思われるが、今となってはバリアフリー化は難しいレイアウトといえよう。懸垂式スロー プカーでも設置するしかなさそうだ。

Unzen04

歴史を感じさせる階段式プラットホーム。

Unzen05

こちらが山頂駅。以前はさまざまな設備があったようだが、現在はその一部が噴火活動の展示室になっているに過ぎない。屋上は展望台になっているが、ロープウェイウオッチングの絶好のポイントでもある。

Unzen06

山頂から見た1号搬器「ぎんが」。

Unzen07

「ぎんが」の搬器銘板。

Unzen08_1

Unzen09

搬器内部の銘板。

Unzen10

こちらが2号搬器「きんせい」。
「ぎんが」「きんせい」の愛称の由来は、よくわからない。現行の搬器は先の画像にあるように1993年製であるが、公式サイトには「1962年 3月に31人乗りを36人乗りに変更」という趣旨の記述があるので、現行の搬器は少なくとも3代目、4代目の可能性もある。なお、公式サイトには開業当初は26人 乗りという記述もあるが、これは搬器交換をせずに26人から31人に定員を増加させたのか、26人乗りないしは31人乗りという記述が間違っているのかは 不明であり、今後の研究課題である。


執筆日:2007年2月14日

« えぼし岳高原リゾートスポーツの里リフト ~失われた日本最西端の索道 | トップページ | いこいの森たかきリフト ~日本最西端のリフトだが・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙ロープウェイ ~雲仙普賢岳を横目に登る:

» ロープの結び方 [軽々日記]
軽々と生活する日記 [続きを読む]

受信: 2007.02.16 02:29

» 雲仙に霧氷・・音楽付き動画配信中・・感謝!! [感謝する事の意味]
人は人に頼って、助け合って生きています。 [続きを読む]

受信: 2007.03.07 01:02

« えぼし岳高原リゾートスポーツの里リフト ~失われた日本最西端の索道 | トップページ | いこいの森たかきリフト ~日本最西端のリフトだが・・ »