« 雲仙ロープウェイ ~雲仙普賢岳を横目に登る | トップページ | 耶馬溪観光リフト »

2007.02.15

いこいの森たかきリフト ~日本最西端のリフトだが・・

Takaki01

いこいの森たかきリフト

事業者名:諫早市
公式サイト:http://www.takaki-kanko.com/mori.htm
所在地:諫早市高来町善住寺
キロ程:312m
支柱基数:不明
高低差:不明
最急勾配:不明
輸送能力:不明
搬器台数:不明
速度:不明
回転方向:反時計
動力:電気
許可年月日:1993年6月29日
運輸開始年月日:1993年10月1日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:1人
山麓駅:原動緊張(油圧)停留場
山頂駅:終端停留場
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2006年11月1日

2005年3月1日付けで諫早市に合併した高来町が開設した「いこいの森たかき」グラススキー場に設置されたリフト。高来町の時代にグラススキー場が休止され、それに伴いリフトも休止している。

休止の時期を正確には把握していないが、諫早市議会の平成17年第3回定例会(7月)会議録を見ると「グラススキー場とリフトは休止してから5年ほどたつが」という答弁があり2000年ごろに休止したことがわかる。

2001年3月31日限りで休止とやまもと様からコメントをいただきました。
 ありがとうございました。

先日紹介した佐世保の「えぼし岳高原リゾートスポーツの里リフト」が廃止された結果、書類上は日本最西端のリフトとなったが休止中であるのでタイトルホルダーと言えるかどうかは微妙だ。現役のリフトでは天山スキー場第2リフトが日本最西端になると思われる。

長崎本線湯江駅付近で国道207号線をはずれ、県道136号線を北上すると「いこいの村たかき」と「いこいの村長崎」に着く。

Takaki02

この案内板を見る限りでは中間停留場があったものと思われる。

Takaki03

搬器はこの通り取り付けられたまま。観光リフトの場合、日よけが付けられている事が多いが、本リフトではスキー用と同じ仕様に見え、まさにグラススキー用であった事を思わせる。

再開するにはそれなりの整備費用がかかると思われ、昨今の情勢を考えると復活する可能性は低いものと思わざる得ない。


執筆日:2007年2月15日
修正日:2007年9月22日(休止日を補足)

« 雲仙ロープウェイ ~雲仙普賢岳を横目に登る | トップページ | 耶馬溪観光リフト »

コメント

索道に興味を持ち検索していたところ、こちらのサイトを見つけました。
いこいの森グラススキー場閉鎖前から訪れていたものです。現在も再開を願いながら遊んでいます。
閉鎖は2001年3月31日です。http://www.mountainboarders.net/~caution/area/ikoi/last/last.htm

ちなみにリフトの頂上からはhttp://www.mountainboarders.net/~caution/video/ikoi2005.wmv のような斜面が広がっています。
現在も時々点検は行われており、斜面の整備は行われています。
取り上げていただいて嬉しかったです。

投稿: やまもと | 2007.09.19 21:34

やまもとさん、コメントありがとうございました。さっそく休止日は補足させていただきました。
リフトは休止していても、グラススキー場としては現役というわけですね。私はグラススキーの経験はほとんどないに等しいのですが、変化に富んだ斜面で中上級者には楽しめそうな斜面ですね。
最近、多忙のために更新が滞りがちなブログですが、これからも宜しくお願いします。

投稿: こぶ | 2007.09.22 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いこいの森たかきリフト ~日本最西端のリフトだが・・:

« 雲仙ロープウェイ ~雲仙普賢岳を横目に登る | トップページ | 耶馬溪観光リフト »