« 須磨浦ロープウェイ ~三代目搬器登場 | トップページ | ルスツリゾート ウエストペアリフト ~トラス支柱のペアリフト »

2007.03.04

ルスツリゾート ウエスト第2クワッド

Rusutsuwest02dq01

ルスツリゾート ウエスト第2クワッド

事業者名:加森観光(株)
公式サイト:http://www.rusutsu.co.jp/winter/
所在地:北海道虻田郡留寿都村字泉川
キロ程:924m
支柱基数:18基 鋼板製方錐形
高低差:227.3m
最急勾配:不明
輸送能力:2400 人/時
搬器台数:不明
速度:4.0m/s
回転方向:時計
動力:電気 290kw
許可年月日:1994年8月30日
運輸開始年月日:1994年12月8日
建設年:1994年11月
種別:特殊索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:4人 フード付
 モデルE
山麓:未確認
山頂:未確認 車庫線あり 建屋方式
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2007年1月28日

ウエストMtの山に向かって左側・・・ウエストゴンドラ側のピークに架かるデタッチャブルクワッド。ゴンドラよりもやや低い位置で止まるが、ゴンドラを使う中級者の多くが滑るナイターコースに滑り込むには十分な高度まで上がるのでさほどの不便はない。ナイター営業も行われ、ナイターとしては手応えがあるコースの滑走を可能としている。ウエストMtのメインリフトになっていると思われる。

Rusutsuwest02dq02

山麓停留場は本館のゲレンデ出入口の近くにあり、スキー場来場者の多くが、来場に際して最初に目にするリフトになろう。公式サイトのライブカメラに写されるリフトである。

山麓はETタイプの機械カバー、停留場付帯の小屋の大きさから推察するに、原動緊張装置は山麓ではないかと思われるが確証はない。フード付搬器であるが、フットレストがないタイプである。

Rusutsuwest02dq03

山頂は建屋方式で車庫線併設である。

執筆日:2007年3月4日

« 須磨浦ロープウェイ ~三代目搬器登場 | トップページ | ルスツリゾート ウエストペアリフト ~トラス支柱のペアリフト »

コメント

このクワッドも運転速度は4.0m/sです。
ルスツのクワッドで5.0m/s出せるのはイゾラ第4だけです。

投稿: kiki | 2007.03.04 18:36

kikiさん、コメントありがとうございます。

私も記事を書きながら違うような気はしていたのですが、ボイスレコーダーにそう記録されていたものですから。おそらく、読み間違えたのだと思います。訂正しておきます。

投稿: こぶ | 2007.03.04 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルスツリゾート ウエスト第2クワッド:

« 須磨浦ロープウェイ ~三代目搬器登場 | トップページ | ルスツリゾート ウエストペアリフト ~トラス支柱のペアリフト »