« ルスツリゾート イーストゴンドラ1号線 ~国道横断水平移動 | トップページ | ルスツリゾート イーストクワッド »

2007.03.08

ルスツリゾート イーストゴンドラ2号線 ~イーストMtの幹線

Rusutsueast02gl01

ルスツリゾート イーストゴンドラ2号線

事業者名:加森観光(株)
公式サイト:http://www.rusutsu.co.jp/winter/
所在地:北海道虻田郡留寿都村字泉川
キロ程:2071.87m
支柱基数:不明 鋼板方錐型
高低差:394.15m
最急勾配:不明
輸送能力:1800人/時
搬器台数:不明
速度:5.0m/s
回転方向:時計
動力:電気 400kw
許可年月日:1987年11月9日
運輸開始年月日:1987年12月27日
種別:普通索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:6人
山麓:原動緊張(重錘)停留場 車庫線
山頂:終端停留場
索道メーカー:日本ケーブル
搬器メーカー:CWA (オメガタイプ)
鋼索メーカー:不明

観察日:2007年1月29日

1号線と同時に竣工したイーストMtの滑走用としてメインとなる索道施設。山頂からは2本の尾根コースが開かれ、中級者に気持ちがよいロングコース。ここまで来たら、Mt.イゾラまで足を伸ばす人が多いようで、こちらのコースは比較的空いている。修学旅行生もこちらまではあまり上ってこないようだ。

Rusutsueast02gl02

1号線の記事に書いたように2号線の山麓停留場は1号線の山頂停留場と合体している。この角度で見ると、1号線部分は「く」の字型に折れ曲がった向こう側になるので見えない。

Rusutsueast02gl03

山麓停留場付近は、イースト第1ペア、イーストクワッドと平行し、開放感がある斜面となっている。

Rusutsueast02gl04

山頂停留場。

Rusutsueast02gl05

搬器銘板。

Rusutsueast02gl06

仕様銘板。1号線とは異なり、輸送能力は1800人/時ある。


執筆日:2007年3月8日


« ルスツリゾート イーストゴンドラ1号線 ~国道横断水平移動 | トップページ | ルスツリゾート イーストクワッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83381/14141888

この記事へのトラックバック一覧です: ルスツリゾート イーストゴンドラ2号線 ~イーストMtの幹線:

« ルスツリゾート イーストゴンドラ1号線 ~国道横断水平移動 | トップページ | ルスツリゾート イーストクワッド »