« Fu's snow area 第1ペアリフト | トップページ | Fu's snow area 第2ロマンスリフト »

2007.03.23

Fu's snow area 第1ロマンスリフト

Fus01rl01

Fu's snow area 第1ロマンスリフト

事業者名:札幌市
公式サイト:http://www1.ocn.ne.jp/~fus/
所在地:札幌市南区藤野
キロ程:606.12m
支柱基数:12基 鋼管円筒型
高低差:不明
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:88台
速度:2.3m/s
回転方向:時計
動力:電気
許可年月日:1985年10月28日
運輸開始年月日:1964年12月20日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張(油圧)
山頂:終端
索道メーカー:東京索道
鋼索メーカー:不明

観察日:2007年2月3日

本スキー場を開設した空沼高原観光(株)と1985年に引き継いだ(株)ふじの公園の関係は未調査だが、とにかく譲渡された年に本リフトと第2ロマンスの2本が増設されている。新会社に移行した故に建設できたリフトなのだと思われる。

機械室タイプの機械カバーは固定式で、その内部で原動機械が移動するというこの時代における東京索道の標準的な原動緊張装置だ。無骨な感じのする機械室のデザインが印象的だ。

Fus01rl02_1

初級者コースに架設の第1ロマンスと異なり、中級者向け以上のコースをカバーする第1/2ロマンスリフトは、このように2.3m/sの設計になっており、筆者の体感で判断すると、訪問時には最高速度で運転されていた。来場者には少年も多かったが、この速度でも乗降時に失敗がないのは、さすが北海道だ。ボーダーが少なかったのも失敗が少なかった理由かもしれない。

Fus01rl03

山頂は、東京索道の標準的な終端装置。撮影位置はメインのゲレンデ側で、この反対側を少し降りると第2ロマンスの山麓停留場だ。

Fusticket_1 これが当日使ったナイター券。16時から21時までの5時間使えて1500円は割安感がある。昼間なら3時間券でも1800円だ。リフト1回が250円なので、6回乗れば元がとれる計算で、時間があれば2回づつ乗車する事を原則(時間の関係でなかなか実行できていませんが・・)としている筆者のスタイルでも損はない。


執筆日:2007年3月23日

« Fu's snow area 第1ペアリフト | トップページ | Fu's snow area 第2ロマンスリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fu's snow area 第1ロマンスリフト:

« Fu's snow area 第1ペアリフト | トップページ | Fu's snow area 第2ロマンスリフト »