« ルスツリゾート イーストゴンドラ2号線 ~イーストMtの幹線 | トップページ | ルスツリゾート イースト第1ペアリフト ~ウエスト第1Bペアの移設か? »

2007.03.09

ルスツリゾート イーストクワッド

Rusutsueast01dq01

ルスツリゾート イーストクワッド

事業者名:加森観光(株)
公式サイト:http://www.rusutsu.co.jp/winter/
所在地:北海道虻田郡留寿都村字泉川
キロ程:1381m
支柱基数:不明 鋼板方錐型
高低差:222m
最急勾配:不明
輸送能力:2400 人/時
搬器台数:不明
速度:4.0m/s
回転方向:反時計
動力:電気 310kw
許可年月日:1987年10月12日
運輸開始年月日:1987年12月27日
建設年:1987年
種別:特殊索道
方式:単線自動循環式
搬器定員:4人 モデルE
山麓:原動停留場
山頂:油圧緊張停留場
索道メーカー:日本ケーブル
鋼索メーカー:不明

観察日:2007年1月29日

ゴンドラと共にイーストMt開設時に新設されたデタッチャブルクワッド。初級向けコースとゴンドラを使う中級コースの内1本の下部をカバーし、Mt.イゾラへのアクセス経路を形成している。

Mt.イゾラに向かう場合、一部の上級者を除けば、イーストゴンドラ2号線を使っても、イーストクワッドを使っても同じ連絡コースを使うことになるので、このクワッドを使うほうが時間的に速い。筆者もこの経路でMt.イゾラに急いだので、結局このリフトには1回しか乗っておらず、不本意な観察に終わっている。

山麓停留場はイーストゴンドラの1号線・2号線の接続駅の前にあり、隣接してイースト第1ペアリフトの山麓停留場もある。

Rusutsueast01dq02
山麓・山頂共に機械カバー方式で車庫線はない。機械カバーや支柱の形状、モデルE搬器など、この時代の日本ケーブル製デタッチャブルクワッドの標準的な製品である。

執筆日:2007年3月9日

« ルスツリゾート イーストゴンドラ2号線 ~イーストMtの幹線 | トップページ | ルスツリゾート イースト第1ペアリフト ~ウエスト第1Bペアの移設か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルスツリゾート イーストクワッド:

« ルスツリゾート イーストゴンドラ2号線 ~イーストMtの幹線 | トップページ | ルスツリゾート イースト第1ペアリフト ~ウエスト第1Bペアの移設か? »