« 長沼スキー場 長沼町第2スキーリフト | トップページ | 町営安平山スキー場 安平山スキーリフト »

2007.05.01

長沼スキー場 長沼町第3スキーリフト

Naganuma03pl01

長沼スキー場 長沼町第3スキーリフト

事業者名:長沼町
公式サイト:http://www.maoi-net.jp/
所在地:北海道長沼町東6線北12番地
キロ程:414.95m
支柱基数:10基 鋼管丸パイプ型
高低差:105.13m
最急勾配:不明
輸送能力:1200人/時
搬器台数:70台
速度:2.0m/s
回転方向:時計
動力:電気 55kw
許可年月日:1994年9月29日
運輸開始年月日:1994年12月21日
種別:特殊索道
方式:単線固定循環式
搬器定員:2人
山麓:原動緊張(油圧)
山頂:終端
索道メーカー:東京索道
鋼索メーカー:不明

観察日:2007年2月9日

第2スキーリフトの右側に増設されたペアリフト。

訪問時に営業していた唯一のリフトだったので、筆者はこのリフトしか乗車していない。

Naganumaticket

1回券は、昨年回った道東のロコスキー場に比べるとずいぶん立派である。

Naganumaphoto02

初中級向けの1枚バーンなので、変化には乏しいが、初中級者の練習には向いているゲレンデだろう。訪問時の来場者は小中学生程度の子供がほとんどで十数人ぐらい。引率の母親らしき女性はレストハウスで休んでいた。もう少し遅くなると、仕事を終えた社会人も来るのだろう。山頂停留場付近からは、街の明かりも見え、日中ならば石狩平野が一望できたものと思われる。

原動緊張装置のカバー形状は第2リフトよりは、洗練されたデザインに見える。

Naganuma03pl02

原動緊張装置の後脚に、仕様の掲示があった。

Naganuma03pl03

山頂は東京索道標準タイプの終端装置で、点検台の手スリなどに第2リフトとの建設時期の差が見て取れる。


執筆日:2007年5月1日

« 長沼スキー場 長沼町第2スキーリフト | トップページ | 町営安平山スキー場 安平山スキーリフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長沼スキー場 長沼町第3スキーリフト:

« 長沼スキー場 長沼町第2スキーリフト | トップページ | 町営安平山スキー場 安平山スキーリフト »