« 【ニュース】近江鉄道3スキー場売却へ | トップページ | 【ニュース】近江鉄道3スキー場の譲渡先決定 »

2007.11.24

【話題】今年度デビューの索道

たぶん、夏山リフト・ロープウェイはなかったと思うので、全てがこれからの、07-08スキーシーズンのデビューだろう。

◎普通索道編
○びわ湖バレイロープウェイ
 今年度最大の話題がこれ! 1975年に登場したびわ湖バレイのポマ テレキャビンが、ついに交走式に架替。後継は、日本ケーブル製の121人乗り交走式で、傾斜長1783m、高低差782m、最高速度12m/s。国内最高速の索道が誕生する。大径間はないので、この最高速度で支柱通過も可能だと思われる。ようやく欧州のレベルに追いついたことになる。
 ゴンドラからの切替えのタイミングが、なかなかはっきりと広報されなかったが、公式サイトの料金のページに「1月下旬までゴンドラで営業」とあるので、ゴンドラの廃止とロープウェイの開業は1月下旬と思われる。

Biwakov
8月31日に撮影のびわ湖バレイ
右側のクレーンが交走式の支柱位置。おそらく第2号柱と第3号柱と思われる。

◎特殊索道編
スキー場ガイドやサイトから07-08シーズンデビューのリフトを探してみた。見落としや発見するに至らなかったリフトもあるとおもうので、コメントで指摘して欲しい。

○富良野スキー場 ダウンヒル第3ロマンスリフト
 1982年建設、東京索道製のシングルリフト「ダウンヒル第3リフト」をペアにリニューアル。11月24日から運転開始のもよう。

○ニセコ グランヒラフ ホリデー第1ペア
 1978年建設、東京索道製ホリデー第1リフトB線の架替、隣にあった休止中の1970年建設、東京索道製ホリデー第1リフトA線も撤去されたものと思われる。
架替と言っても、平面的な位置も変わっているようだ。全長669m、高低差131m、輸送能力1200人/hのペアリフト。所要時間6分とあるので1.8m/sと思われる。

○ルスツ タワーペアリフト
 ルスツタワー(ホテル)から、イーストMt.山麓のイーストセンターステーション付近へダイレクトで向うリフト。フード付き高速2人乗りとあるので、デタッチャブルペアで間違いないだろう。ルスツタワーの宿泊者は、これまで本館にモノレールかシャトルバスで移動した後、イーストゴンドラ1号線で移動しており、かなり時間がかかったが、これで大幅に改善される。

○ルスツ アクロス第2ペアリフト
 アクロス第1ペアリフトの完全な平行線であった第2ペアリフトを大幅に延長(142m→513m)した。平行線ながら双方を運転する頻度は低かったようなので、延長することで有効活用するのであろう。
 稼働率といえば、シーズン始めにイゾラ山頂部だけでオープンするために昨年度新設されたイゾラ第5ペアは、今年は11月23日のオープン当日からイゾラ第1クワッド山麓まで滑走可能だったので、1日も運転されていない。昨年も数日しか運転していないはずで、新設早々からここまで稼働率の低いリフトは珍しい。

○猪苗代スキー場中央 はやま第3ファミリーリフト
 猪苗代第3リフトA/B線(シングル)に代わり、はやま第3ファミリーリフト(ペア)を新設。『平成19年度 鉄道要覧』には、これに該当するリフトも第3リフトA/B線も掲載がなく、旧線を廃線の上で新設したものと思われる。

○かぐらスキー場 かぐら第1ロマンスリフト
 1979年建設、日本ケーブル製のパラレルシングルリフト「かぐら第3リフトB/C線」のリプレースで登場。公式ブログの画像によれば日本ケーブル製と思われる。山麓停留場が今時には珍しいステージであるのが、豪雪地のスキー場である事を思わせる。11月23日から運転開始のもよう。


とりあえず、これだけしか見つけられなかった。ここ数年、意外なロコゲレンデで、リフト新設・架替があったので、まだあると思う。皆さん、教えてください。

« 【ニュース】近江鉄道3スキー場売却へ | トップページ | 【ニュース】近江鉄道3スキー場の譲渡先決定 »

コメント

始めまして、いつも拝見させていただいております。びわ湖バレイ、やっと新ロープウェイですね。秒速12m、やっと欧米並みですね。それにしてもなぜ運行開始がシーズン中なのでしょうか。ロープウェイが運行開始すれば、アルプスゴンドラは自動的に終了になるんですかね?

投稿: papillon | 2007.11.25 10:47

お久しぶりです。
最近JR湖西線に何度か乗車する機会がありましたので、車窓からびわ湖バレイの建設状況を眺めてみました。
11月になって、支柱がほぼ出来て来たようですね。山麓に1つ、途中に4つかな。
25日の朝も通ったのですが、霧で何も見えませんでした。

新規リフトですが、ウイングヒル白鳥に、短いリフトができるようですね。スキーマップルではTバーとなっていましたが、チェアリフトかもしれません。
あと新規ではないですが、2つ。
北大雪の第3リフトが再開します。
サンメドウズのバードリフトが、リニューアルされるようです。ついにYANのリフトは撤去されるのでしょうか。

投稿: U君 | 2007.11.27 01:38

そんな近くにお越しであれば、事前に一声かけてもらえれば、ウチでコーヒーぐらいご馳走したのに。(笑)
どうやら1月25日までゴンドラを営業して、翌26日からロープウェイに切り替わるようですね。
びわ湖バレイ周辺は強風が多いので、チャチなゴンドラでなく大型ロープウェイの方が向いてそうです。
この辺りの強風は、度々湖西線が運休する原因になっていて、私も年間5~6回は強風による列車運休の餌食になっています。
一度強風の中、バレイ手前の蓬莱駅から近江舞子(6~7km)まで歩いたことがありますから。

投稿: ヤックル | 2007.11.28 22:56

はじめまして。
今期架け替えは下記のとおりです。
五竜とおみスカイフォーA/S→n/c
らいちょう第3リフト→ペアリフト
極楽坂第1ペア→第1クワッド(固定4人)
猪苗代はA/S製です。

廃止リフトはあまりにいっぱいあるので後日ご報告致します。

投稿: 古今索道屋 | 2007.11.30 22:52

追加情報
サンメドウズのリフトはヤナバから移設との情報です。

投稿: 古今索道屋 | 2007.11.30 22:56

羽鳥湖第5クワッドが架け替え。
福島県内最速クワッドになったようですよ。
(1700m 約5分)

投稿: てふ | 2007.12.01 17:32

papillonさん、コメントありがとうございました。
このところ本業多忙で、なかなか時間がとれず御礼が遅くなり申し訳ないです。
詳しい理由は不明ですが、工事が遅れているようですので、シーズンインに間に合わなかったのでしょう。シーズンインに間に合わなかった例は、他でもありますね。

投稿: こぶ | 2007.12.05 03:09

U君さん、コメントありがとうございます。
ウィングヒルズ白鳥は、名称がスーパースターリフトとなってますから、おそらくロープトゥではないかと思っています。
YANの固定循環式は、あと何本残るのでしょうか?

投稿: こぶ | 2007.12.05 03:29

ヤックルさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、大型の交走式ロープウェイの方が風に強いと思います。八海山もロープウェイ化で運休がかなり減ったそうです。

投稿: こぶ | 2007.12.05 03:33

古今索道屋さん、コメントありがとうございます。

立山山麓はノーマークでした。県が撤退を決めた当時の富山市長は、スキー場に冷たかったですが、理解が深まったようですね。
ヤナバは、日ケの傘下を外れたと思ってましたが、完全に縁が切れた訳ではなさそうですね。

時間が取れたときに、本文を修正いたしますm(__)m

投稿: こぶ | 2007.12.05 03:40

てふさん、コメントありがとうございます。

羽鳥湖もノーマークでした。リゾート・トラストの傘下に入って、経営建て直しが軌道にのったのでしょうか? 公式サイトにイメージphotoとして掲載の画像は、WPたかすの第2クワッドと思われますので、日本ケーブル製の5m/s対応クワッドで間違いなさそうですね。

投稿: こぶ | 2007.12.05 03:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【話題】今年度デビューの索道:

» 【話題】今年度デビューの索道 改訂1版 [索道観察日記]
11月24日の記事をその後にいただいた皆様の情報で補足し、改訂版の記事を作成した [続きを読む]

受信: 2007.12.14 01:08

« 【ニュース】近江鉄道3スキー場売却へ | トップページ | 【ニュース】近江鉄道3スキー場の譲渡先決定 »