« 【ニュース】近江鉄道3スキー場の譲渡先決定 | トップページ | 【話題】今年度デビューの索道 改訂1版 »

2007.12.09

【話題】今シーズン休止or廃止の索道

今年度から廃業・休業するスキー場や廃止・休止する索道をまとめてみた。新設以上に抜けがあるとおもうので、存分に指摘して欲しい。

◎普通索道
○岩原ゴンドラ
 
国土計画から岩原観光に譲渡されたゴンドラ。元々は奥添地開発のアクセス用としてのゴンドラであった。東日本不動産(湯沢パークの経営者)が開発する予定であった舞子後楽園と国土計画の間のエリアの開発が進まなかったためか、コクドが岩原観光に譲渡した。
 「メンテナンスのため」という理由で、今シーズンの休止がアナウンスされている。


○ランドー
 ガーラ湯沢が保有するガーラ湯沢スキー場と湯沢高原を連絡するワンスパンの交走式ロープウェイ。昨シーズンに引き続き、地盤変動のため南エリアが閉鎖され、今シーズンも運休。

○長崎スカイウェイ
 稲佐山中腹から山頂に向うゴンドラ。昨年12月、塩害による腐食が深刻であることが判明し、急遽休止に。11月15日に長崎市が本年度末で廃止の方針を固めたという記事が長崎新聞に掲載された。

◎特殊索道
○八幡平スキー場
 運営する第3セクターの八幡平観光は、スキー場経営からの撤退を検討する中、今シーズン営業の準備が不足しているという理由で、営業見送りを決めた。負債と共に唯一の黒字事業である東北道岩手山SA事業を筆頭株主の県北自動車に譲渡しており、現事業者での再建の可能性はかなり低い。スキー場を継承する事業者が見つからない場合、このまま廃業の可能性が高そうだ。

○芸北文化ランド
 経営する学校法人広陵学園が休止を表明

○ドルフィンバレイ
 常石造船グループのツネイシホールディングスが保有していたが、同グループ内のグローカルジャパンに本スキー場とスノーリゾート猫山を売却。猫山の営業のみを継続し、ドルフィンバレイを廃業。跡地は農地に転用する見込み。

○剣山スキー場
 つるぎ町が休止の意向を明らかに

執筆日:2008年12月9日

« 【ニュース】近江鉄道3スキー場の譲渡先決定 | トップページ | 【話題】今年度デビューの索道 改訂1版 »

コメント

久しぶりに訪問させていただきました。あけましておめでとうございます。

苗場の第1高速が廃止されているのを確認しました。
ゲレンデマップからも抹消されてる上、ブログの写真にて支柱が撤去されているのも確認しました。
デタッチャブルクワッドが多い苗場ですが、1本でも無くなってしまうと寂しいものですね。

投稿: 安索好き | 2008.01.01 23:29

忙しくてなかなかコメントできませんでしたが、こちらにも
鉄道要覧の平成18年度版と平成19年度版を比較しますと、かなり休止や廃止があったようです。ただし、これは1年前のものも含まれていまし、全部を挙げるときりがないので、実物で比較していただくとして、感想と、まだ鉄道要覧には反映されていないものを書き込むことにしますね。

感想としては、観光リフト(旧甲種)の休廃止が結構ありました。
石炭歴史村、エキスポランド、美保関、だざいふえん、帆柱山の廃止や、いこいの森たかきとかいもん公園の休止です。
帆柱山は既に御存知の通りですし、石炭歴史村は施設閉鎖、エキスポランドは事故の後遊具等の見直しをしたのでしょうか。かいもん公園は、9月に見たら、搬器が外してありました。

反映されていないもの
アサマ2000:リフト6本から4本に整理されました。HPの記載からすると2本を廃止撤去したようです。
妙高杉の原:杉の原第3やパノラマJバーがマップやリストから外れています。
桝水高原:リフト3本から2本の営業になっています。第3リフトはどうなったのでしょう?
北海道の古平:今シーズンは休止
兵庫県神鍋高原の名色:今シーズンも一部のリフトのみの営業(ただ、昨シーズンとは少し変えたように思います)名色スキー場HPに営業するリフトのリストがあります。

投稿: U君 | 2008.01.02 00:23

度々すいません。
斑尾高原豊田スキー場は、今シーズン休止です。
今日、積雪情報サイトを見ていて気がつきました。
HPも確認しましたが、やはり休止のようです。
http://www3.ocn.ne.jp/~madarao/mt-ski/
今シーズン、行こうと思っていたので、残念です。
来シーズン以降の再開を期待します。

投稿: U君 | 2008.01.02 22:23

安索好きさん、コメントありがとうございます。

新年早々、インフルエンザに罹ってしまい、予定が大幅に狂ってしまいました。

さて、苗場第1高速が廃止ですか! 苗場第2高速と共に、1986年日本ケーブル製の国土計画デタッチャブルクワッドの初号機ですね。水上高原にも同年完成の安索製デタッチャブルクワッドがありますが、こちらはプリンスホテルから離れてますので、プリンス最古のクワッドは苗場第2高速1本となったわけですね。

第3/8高速があれば十分という判断なのでしょう。苗場も来場者が減っている証ですね。

投稿: こぶ | 2008.01.05 18:30

U君さん、コメントありがとうございます。
夏山リフトの情報はスキー場以上に少ないので、フォロー助かります。
石炭歴史村は遊園地エリアのローラーリュージュ用のリフトでした。石炭歴史村の施設がどうなるかを決める前にいち早くローラーリュージュコースの廃止を発表しましたので、他の施設よりも早く休止してしまいました。加森観光は遊園地にも意欲があるような感じでしたので、再開に期待したのですが・・・ エキスポランド「レインボーロード」は、確か事故前から遊園地のマップから落ちてましたので、事故は無関係でしょう。晩年の役目は、記事にも書いたように駐車場と園内の連絡だったようなので、来場者の減少により、運転が減っていたのだと思われます。たざいふえんはノーチェックでした。帆柱山は、リフトカーへのリニューアルによる廃止ですね。いこいの森たかきは、鉄道要覧にこそ休止中となったのは2007年度からですが、記事にも書いたように、2001年度からグラススキー場が休止しており、リフトも休止状態でした。今頃になって、鉄道要覧の記載が変わったのは謎です。かいもん山麓ふれあい公園は、2回も行きながらついに動いているシーンが見られなかったのは残念でした。平成の大合併で新“指宿市”となってからは、公園の公式サイトはなくなったようで、状況がよくわかりません。
日本最南端/最西端のリフトは、双方ともこのまま消えてしまいそうな予感がします。
斑尾高原豊田スキー場の情報もありがとうございます。昨年夏に近くを通ったので、現地の様子だけでも見てこようかと思ったのですが、時間の関係で断念したのが悔いになるかもしれません。妙高方面にはこの冬も行きますので、時間があれば寄ろうかとは思っていたのですけどorz

投稿: こぶ | 2008.01.05 20:55

コメントありがとうございました。
エキスポランドのリフトは、事故とどうやら無関係らしいのですね。ちなみに、事故の前(4月28日午前)に大阪モノレールの延長区間に乗りにいったので、事故を起こした遊具が運行しているのも見ました。2つリフトがある、九州の三井グリーンランドにもある遊具でしたので、乗車している人達の歓声を聞きつつ、見入っておりました。そのときは、まさか事故を起こすなんて思いもしませんでした。リフトの方は、気にかけてはいましたが、よくわかりませんでした。そのときには、既に撤去されていたかもしれません。

かいもん山麓公園は、スキー場の道路の反対側は、人が来ていて使われていました。
開聞岳の登山の途中でしたので、あまり良く見ませんでしたが。

自己レスです。
桝水高原の第3リフトは、改修予定ですが、間に合わないので今シーズンは運休して、春以降に改修するそうです。質問があって、スタッフがそのように回答していました。
訪問は、改修後のシーズンにしようと思います。


投稿: U君 | 2008.01.05 22:52

12日~14日まで苗場に行ってまいりました。 この目で第1高速が廃止されているのを確かめました。全ての設備が撤去され綺麗さっぱりでした。

そして今までほとんど稼動することのなかった第8高速ですが、今シーズンから普通に稼動しているようです。
建設されてから結構な年月が経過していますが、ずっと格納されていた搬器だけは新品のような状態で妙な感じがしました(笑)
第1高速の架設箇所と老朽化、来場者の減少のことを考えると第8高速に切り替えたのは正解のような気がしますね。

投稿: 安索好き | 2008.01.15 23:03

安索好きさん、苗場情報ありがとうございます。

苗場第1高速は同第2高速や水上高原第1高速と並び、プリンスのデタッチャブル第1号ですから感慨深いものがありますね。日ケにとっては、モデルE採用の初号機でもあったはずです。

起点や支柱はともかく、山頂停留場はステージ下を夏季の搬器格納庫としたかなりしっかりとしたコンクリート構造でしたので、撤去は大変だったのでないかと思います。

投稿: こぶ | 2008.01.20 13:36

先日、志賀高原に行ってきたのですが、焼額山の第1A線、B線がともに廃止になっていました。
気がつけば志賀高原のリフトは66本にまで減っていました。
チャレンジリフトの敷居が低くなってきました。

投稿: | 2008.01.24 08:31

鷹さん、コメントが遅くなり失礼しました。
焼額山オープン時からあるリフトの完全廃止第1号ですね。ホテルに隣接して原動停留場は作らないと言うコクドのポリシーが体現していたリフトでしたね。長大リフトを中間でぶった切って、上下に分けた跡が明確だっただけに残念です。

投稿: こぶ | 2008.03.04 18:29

先日は、「雫石第ゴンドラ」の話題にコメントを頂きまして、ありがとうございました。
有益なご指摘で、感謝申し上げます。

ですが…岩手日報によると、今シーズン限りで廃止と報じられました。
(岩手日報ウェブ 過去の記事>3月11日の記事内)
東北初のゴンドラリフトでしたが、厳しい自然環境と老朽化に耐えられず…。
現実に、私が乗ったときには、扉が完全に閉まらない(!)搬器に乗り合わせたくらいですから…。

投稿: Traveler Kazu | 2008.03.13 13:55

Traveler Kazuさん、コメントありがとうございます。

雫石第1ゴンドラが、今シーズン限りですか! 昨シーズン行っておいて良かったです。確かに、よく運休するゴンドラですし、動いていても減速運行が多かったですから、架替えに躊躇するのもわかる気がします。しかし、以前はゴンドラ山頂からさらに登るリフトもあったわけで、ますます最高地点が低くなりますね。第2ゴンドラは、限定営業だったシーズンが何年かあり、先にこちらがなくなるかと思いましたが、残ってよかったです。昨シーズンの訪問時も、乗った直後に運休してしまいました。

投稿: こぶ | 2008.03.13 18:10

ごぶさたしてました。
シーズンも終盤ですが。

以下のリフトは、今シーズン、搬器が取り外され休止状態になっています。
くのへ(岩手県):第2ペア
雁ヶ原(福井県):第3
勝原(福井県):第2ロマンス
福井和泉(福井県):第1(シングル)

くのへの第2は、今シーズン急遽休止になったようで、レストハウス等に休止の告知の張り紙がありました。
雁ヶ原のパンフレットは2006年作成(2007シーズン用?)でしたが、第3については普通に記載されていました。
大野市のスキー場のパンフレット(市のHPにも同様のものがあります)では、勝原と福井和泉の上記のリフトはゲレンデマップに記載されていません。また、六呂師もリフト1本になっています。森山スキー場は載っていないので、今シーズン、営業していないかもしれません。

松之山温泉は、別コラムのように、リフト2本を廃止して新しいリフトに架け替えしましたが、下のリフトの乗り場と1番支柱とロープが撤去されただけで、後は残っていました。上のリフトは乗り場が雪で埋まっていました。

野沢温泉の上の平ペアは、鉄道要覧には休止で掲載されていますが、跡形もありませんでした。雪が融ければ跡地がわかるかもしれません。廃止のリフトはほとんどなくなっていますが、やまびこ第2ペアは残っていました。なお、向林リフトの跡地付近に来季から大駐車場を作るようです。

佐賀県の天山スキー場には屋内ゲレンデがありますが、3月上旬の大雪で屋根が崩れてしまい、その後は休止になったそうです。その前の週末に行ったのですが、かなり雪が融けて少ない状態でしたので、2,3日後の大雪にはびっくりしました。


投稿: U君 | 2008.04.04 00:11

08'シーズンのトピですが、09’シーズンの情報を書きます。
まず、休業・廃業は結構ありますが、たいていのものはスキー場四方山話にて紹介されていますので、それ以外のものを。
新戸倉:今シーズンは休業(スキー場HPより)
母袋:今シーズンは休業(岐阜県のスキー場より)
山田温泉チビッコ:リフトを廃止してトロイカのみで営業(鉄道要覧から消えたので、廃業かと思っていました)
ところで、伊吹山はHPが更新されていませんが、営業していないのでしょうか?

次に、個々のリフトの休止など
オニコウベ鍋倉第1ペア:今シーズンは休止
マウントジーンズ第3ペア:コースも含めて今シーズンは貸切のみ
枡水高原第3リフト:改修したが冬期は営業せず、当面はグリーンシーズンのみ運行(3本とも乗るには夏冬2回行かないとなりませんね)
イトシロ:第3リフト廃止、第1リフトは休止のようです
廃止リフトは結構ありますが、たいていはここの書き込みや鉄道要覧のリストの変化からわかるものでした。
それにしても、鉄道要覧では特殊索道が115も減っていて、見たときは驚きました。
それだけ廃止になったので、今までに乗ったリフトの数より現存のリフトの数の方が少なくなりました。ということは、未乗車のリフトより、乗ってから廃止になったリフトの方が数が多いということになります。

投稿: U君 | 2009.01.23 01:40

10’シーズンの情報を。
今回もスキー場四方山話や鉄道要覧に掲載されているものは除きます。
で、調べたらなぜか岐阜県ばかりでしたので、岐阜県リフト情報ということで。
(1)遊らんど坂内 休業(popsnowなどより)
(2)揖斐高原のうち、坂内ゲレンデは休業らしい。貝月側は営業しています。
(3)濁河温泉 11シーズンは休廃業する方向で、下呂市が検討中。(議会にて市長表明)
(4)ホワイトピアたかす 第3リフト廃止、撤去。切断した支柱が置いてありました。降り場もなくなっています。三菱のリフトでした。リフト減少に伴い、各リフトの通称を改めました。
(5)国見岳 第1リフト廃止、撤去。乗り場の原動機などが残っていますが、支柱はもうありません。
(6)イトシロ 免許はリフト4つですが、今シーズンはクワッドとペア1つの2つのみの運行のようです。

投稿: U君 | 2010.03.24 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【話題】今シーズン休止or廃止の索道:

« 【ニュース】近江鉄道3スキー場の譲渡先決定 | トップページ | 【話題】今年度デビューの索道 改訂1版 »